ゴルフ、トラベル、旅行

レジャー

澄んだ海でシュノーケリング

  日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」では、期間限定の島巡りツアーを受付中です。プーケット発のツアーで超穴場スポットのラチャ島(ラヤ島)とコーラル島(ロングビーチ)を1日で楽しむことが出来ます。出発地のシャロン湾からコーラル島へはボートで20分ほどで到着します。シュノーケリングやビーチでのフリータイムで澄んだ海を満喫できます。90分ほど滞在した後、ラヤ島へ移動(ボートで20分)して、ここでもビーチでのフリータイムとシュノーケリングを楽しめます。レストランでの昼食とフリータイムを楽しんで、シャロン湾へは16時に帰港となります。プーケット近隣の島へタイ滞在中にぜひ一度訪れてみて下さい。 各種ツアーへのお申し込みやホテルのご予約はプーケット旅行センターの担当:村田までどうぞ。 なお、他社でお申し込みされたゴルフ場の送迎も承ります。 ほかにもプーケットでの観光や現地発の様々なツアー、ピピ島へのフェリーチケットやゴルフ場の予約、豪華なスパなどのお得なクーポンも豊富に取り扱っているので、ホームページもご覧下さい。 ...
レジャー

旅行代理店「JTSインターナショナル」でパワースポット巡り

  バンコク近郊のパワースポットへの半日プライベート観光も催行している旅行代理店「JTSインターナショナル」。 土日の午前限定で出発しているバンコク郊外寺院巡りツアーで、タイで大変ご利益があると有名なワットソートーンと巨大なピンクガネーシャを祀っているワットサマーンを巡るプライベートツアーを行っています。100年以上続く昭和の香り漂う古市場など、ほとんど日本人観光客のいないローカル感満載の旅を満喫していただけます。 そのほか、バンコク近郊の観光スポットやレジャー施設のお得なクーポン販売もあり、ムエタイ観戦やチャオプラヤー川ディナークルーズ、タイ古典舞踊、ニューハーフショー、水族館、動物園など、豊富に取り扱っています。 また、日本行きや近隣諸国への航空券、バンコクのホテルやゴルフ場の予約、空港送迎やVIP出入国なども承っています。 旅の相談ならスクムビット・ソイ33/1にある「JTSインターナショナル」へお気軽にご相談下さい。 2018年2月20日 タイ自由ランド掲載 -> JTSインターナショナルのホームページ -> ト...
2019.09.26
レジャー

タイ南部の美しい島、日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」

  タイ南部のリゾート地プーケットにある日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」では、各種日帰りツアーも受け付けています。 乾季の間だけ行くことができる限定ツアーもあり、透明度の高い海と白い砂浜を堪能していただける「スリン島」へのツアーも受付中です。場所はパンガー県クラブリー郡の西、ミャンマーとの国境まで数㎞の場所です。ここはタイの国立公園に指定されており、手付かずの自然が残る数少ない島の一つです。 シージプシーのモーゲン族が住む島や透明度の高い海でのシュノーケリングを体験していただけます。乾季しか行くことのできないオススメスポットです。 各種ツアーへのお申し込みやホテルのご予約はプーケット旅行センターの担当:村田までどうぞ。 なお、他社でお申し込みされたゴルフ場の送迎も承ります。 ほかにもプーケットでの観光や現地発の様々なツアー、お得なクーポンを豊富に取り扱っているので、ホームページもご覧下さい。 2018年1月20日 タイ自由ランド掲載 -> プーケット旅行センタのホームページ -...
レジャー

旅行代理店「JTSインターナショナル」のバンコク近郊の日帰りクーポン

  航空券の手配やホテル、ゴルフ場の予約など旅やレジャーに関することなら、スクムビット・ソイ33/1にある日系旅行代理店「JTSインターナショナル」へお任せ下さい。 バンコク近郊の観光スポットを巡る日本語ガイド付き定期観光ツアーや日帰りで楽しめる施設への1日クーポンの販売もしています。クーポンは現地の窓口で直接購入するよりもお得な料金になっているものが多いので、家族や友人とのお出かけの際にご活用下さい。 動物園や水族館、サファリワールド、ニューハーフショー、チャオプラヤー川ディナークルーズ、タイ伝統舞踊とディナーのセットや超高層ビル「バイヨークスカイホテル」でのビュッフェなど豊富なクーポンを取り扱っています。 また、個人旅行はもちろんのこと、社員旅行や海外研修・視察旅行などの団体旅行のご相談も承っています。 JTSは多様化する旅のリクエストに臨機応変に対応しており、少人数の旅行や小さいお子様連れの旅行、奥様同士の旅行、日帰り旅行など、旅に関する事なら、どんな事でもお気軽に相談いただけます。 2018年1月20日 タイ自由ランド掲載...
2019.09.26
レジャー

「JTSインターナショナル」の1日クーポン「タイ舞踊&ディナーショー」

  バンコク発の格安航空券やホテル予約などは「JTSインターナショナル」にお任せ下さい。 日本人経営の旅行代理店で、航空券取得からタイ国内のホテル予約ほか、バンコク発の日帰り旅行なども受け付けています。 今はインターネットで情報収集から予約まで簡単にできる時代ですが、同店はウェブではみつからない情報を、また、細かな要望に沿ったものを提供できます。開店以来、リピーターの方が多数。 タイ舞踊ディナーショーやチャオプラヤー川ディナークルーズ、ニューハーフショー、ムエタイ観戦のクーポンなども取り扱っています。 問い合わせは左の広告を参照で。 2018年1月5日 タイ自由ランド掲載 -> JTSインターナショナルのホームページ -> トラベル、旅行、ゴルフ ->JTSインターナショナルの情報 ->JTSインターナショナルの情報ページ ->トラベルの情報 ->リバークルーズの情報 ->旅行の情報
2019.09.26
レジャー

日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」による乾季だけ行けるスリン島

  タイ南部の人気リゾート地プーケットにある日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」から日帰りで行ける乾季限定ツアーのご紹介です。 今回のオススメは「スリン島」です。場所はパンガー県クラブリー郡の西、約60㎞のところに位置し、ミャンマー国境まで数キロという近さ。ここはタイの国立公園に指定されており手付かずの自然が残る数少ない島の一つです。 シージプシーのモーゲン族が住む島や透明度の高い海でのシュノーケリングを体験していただけます。乾季のみしか行くことのできないオススメスポットです。 通常大人1名で3900バーツのところ2150バーツ、子供1名2600バーツのところを2100バーツの特別料金でご案内しています。(プーケットお迎えの料金) 各種ツアーへのお申し込みやホテルのご予約はプーケット旅行センターの担当:村田までどうぞ。 なお、他社でお申し込みされたゴルフ場の送迎も承ります。 ほかにもプーケットでの観光や現地発の様々なツアー、お得なクーポンを豊富に取り扱っているので、ホームページもご覧下さい。 ...
2018.01.18
レジャー

「プーケット旅行センター」でプーケット発日帰りツアー

  日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」では、乾季限定のツアーも豊富に取り扱っており、イチオシなのが、ロック島&ハー島への日帰りツアーです。美しさはシミラン島を凌ぐとも言われている無人島で、シュノーケリングをお楽しみいただけます。通常大人1名で4100バーツのところ2950バーツ、子供1名2900バーツのところを2100バーツの特別料金でご案内しています。 ツアーへのお申し込みやホテルのご予約はプーケット旅行センターの担当:村田までどうぞ。 なお、他社でお申し込みされたゴルフ場の送迎も承ります。 ほかにもプーケットでの観光や現地発の様々なツアー、お得なクーポンを豊富に取り扱っているので、ホームページもご覧下さい。 2017年12月20日 タイ自由ランド掲載 -> プーケット旅行センタのホームページ -> 旅行、トラベル ->プーケットのゴルフ場予約の情報 ->プーケット旅行センターの情報 -&...
レジャー

旅行会社「RYO&F旅行社」では日帰り観光と旅のアレンジ

  旅行業一筋の山下さんが対応してくれる旅行会社「RYO&F旅行社」では、ホテル・航空券・各種エンターテイメントの手配・予約代行ほか、貸切りマイクロバスと日本語ガイド同伴のサービスも行っております。 タイの人気観光地をプライベートの貸切りワゴンで、日帰りで満喫できます。また「移動時間が余分にかかってしまった」などの無駄がないよう、具体的なプランがある人にも、さらにプラスアルファの提案をしてくれます。 例えば、日本人に人気のアユタヤ観光では、遺跡を3、4ヵ所まわった後に、象に乗って遊んで、さらに、近くの水上マーケットも見学できるプランをご提案するなどプラスアルファのお楽しみをおすすめいたします。 日本語ガイド同伴サービスも好評を得ており、観光地を日本語で案内してもらえるのはもちろんのこと、プラン外の急な要望にもあれこれ対応してもらえます。そのほか、空港や工業団地までの送迎などでも利用できます。 Eメールでの見積、手配依頼も出来ますので、お気軽にお問い合わせください。 2017年12月20日 タイ自由ランド掲載 ->旅行会...
2018.10.23
レジャー

乾季だけの絶景を楽しむ、プーケット旅行センター

タイ南部のプーケットでは、11月から4月末にかけての期間、プーケット発の1日ツアーが豊富にあります。 日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」では、ただいま注目のロック島とハー島を巡る1日ツアーをオススメしています。ロック島とハー島はどちらも自然が多く残る手付かずの無人島でランタ島(クラビ)からのダイビングスポットとなっていることで知られており、美しさはシミラン島を凌ぐとも言われています。 白砂の美しいビーチと透明度の高い海でのんびり過ごすことができます。きれいなサンゴ礁で熱帯に住む魚や生き物を鑑賞してみませんか。 通常大人1名で4100バーツのところ2950バーツ、子供1名2900バーツのところを2100バーツの特別料金でご案内しています。乾季限定のツアーなので、プーケット旅行の際にはぜひ、訪れてみて下さい。 ほかには子供のひざくらいの浅瀬で魚と遊ぶことができるカイ島へのツアーもオススメです。大人2名申し込みに付き、 子供1人が半額になるプロモーションを実施中です。 ツアーへのお申し込みやホテルの...
2018.01.03
レジャー

「プーケット旅行センター」のシミラン諸島1日ツアー

  日本人常駐の「プーケット旅行センター」から乾季限定シミラン諸島1日ツアーのご案内です。 これから5月まで期間はダイビングスポットとして世界的に有名なシミラン諸島への日帰りボートツアーの申し込みを受け付けています。 プーケットのホテルへお迎え付き(場所により追加で送迎料金がかかります)でアンダマン海の美しい島を堪能していただきます。 プーケットのタプラム港からスピードボートでバーグー島へ移動し、シュノーケリングをお楽しみいただけます。 その後、シミラン島へ移動して昼食休憩。さらにパユ島&ミアング島へ移動して、シュノーケリングを楽しんでいただきます。午後3時にシミラン諸島を出発し、プーケットへ戻ります。シミラン諸島1日ツアーは大人2450バーツ、子供1800バーツとなっています。別途宿泊コースもあるので、詳細はお問い合わせ下さい。 ツアーへのお申し込みはプーケット旅行センターの担当:村田までどうぞ。 なお、他社でお申し込みされたゴルフ場の送迎も承ります。 ほかにもプーケットでの観光や様々なアクティビティを豊...
2017.11.16
レジャー

アンコールワット観光で、日本人女性経営の宿に泊まる

  タイ滞在中に一度は行っておきたい世界遺産と言えば、タイの隣、カンボジアにあるアンコール遺跡。 遺跡を観光するのに便利なシェムリアップへはバンコクから飛行機で50分、チェンマイより近く、ダイソーのようなお店もあるので土日を利用してバッグひとつで気軽に行くことができます。 シェムリアップには日本人女性が経営するゲストハウス「Pleasure・プレジャー」がオープンしており、空港送迎と観光付き宿泊プランで女性の1人旅や家族連れ旅行を応援します。 女性専用の部屋では、ドミトリー(相部屋)でもバスタブ付きで旅の疲れを癒してもらえます。 貸し切りの和室もあり、こちらもバスタブ付きで家族での宿泊にもいいでしょう。 宿は1泊朝食付きでアメニティ(歯ブラシ、スリッパ、ドライヤー他)もあります。 土曜は深夜までパブストリートで飲んで、日曜は午後からのんびり観光、というのもいいですね。パブストリートはビールが0・5ドルですから、ビール好きにはたまりません! アンコールワット遺跡観光はゲストハウス専用のトゥクトゥクでご案内いたします。...
2017.11.16
レジャー

シンプルながらも使いやすい、ホリデイイン エクスプレス パトン ビーチ セントラル

  ホリデイイン エクスプレス パトン ビーチ セントラルは2012年オープンであり、パトンビーチでは比較的新しいリゾートホテルです。このホテルの特徴はホリデーインのブランドの元、サービスをできるだけ省いた必要最低限のものをお客様に提供するというコンセプトのものであり、ホテル全体が無駄なものは無く、シンプルな設計思想でデザインされております。 部屋のタイプはスタンダードタイプ・26㎡の広さ。数字だけで判断をすると、狭く感じられるかもしれませんが、全室バルコニーが設置されており、ひとり掛けのソファ、テーブル、簡易デスク、冷蔵庫などシンプルながらも使いやすいレイアウトで構成されています。 また、比較的新しいホテルのため、館内は床は極力段差をなくすバリアフリーを意識しており、車椅子を利用されているお客様はエレベーターからの乗り入れや廊下から部屋への乗り入れも楽に移動できることでしょう。 (ロビー近くのトイレはバリアフリー用のトイレあり) 無駄を省いたデザインでありながらも、きちんとお子様用の浅いスイミングプールがあるのはご家族の利用を意識した、ホリデ...
レジャー

中国人旅行者が72%増!タイ、日本、アメリカへが人気

  今月の中国のゴールデンウィークによる休日は、10月1日から8日までで、タイ観光庁によると、この間の中国からの旅行者は30万人にのぼり、昨年の72%増という。収入も昨年から60%増の92億バーツを見込んでいる。 昨年はOAトランスポート社などによる、激安ツアーの取り締まりが行われ、中国人観光客が激減した経緯があり、今年は正常に戻りつつある。 中国人の1日1人当たりの消費は6800バーツほどで、都市では、成都、広州、南京、瀋陽、上海などからが多くタイにやって来ている。 一方、この時期、外国に行く中国人は600万人にものぼり、平均は4~6日間。人気があるのは、タイで、続いて日本、アメリカの順。 最近は海外に行く中国人も慣れてきており、ありふれた場所ではないところを好むようになっており、ケニヤ、ニュージーランド、モロッコ、ペルーなども人気が出ているという。   2017年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース   >タイのニュースの情報
2017.10.21
レジャー

「プーケット旅行センター」では、超穴場のラヤ島を紹介!

  ターコイズブルーの美しい海に囲まれた超穴場スポットのラヤ島へ行ってみませんか? ここはプーケットから南に約20キロのところにある島で、スピードボートで40分ほど。南北に3・2㎞、東西に2・8㎞のごくごく小さな島です。 ビーチはきめ細やかなホワイトサンドで絵にかいたようなビーチリゾートです。シュノーケリングやダイビングのスポットとしても有名で、日常ではなかなか見ることのできない景色が楽しめます。 ラヤ島はツアーではあまり使われていないため、人が少なくシュノーケリングでたくさんの魚と触れ合う事ができます。プライベートな気分が味わえる小さな島でのんびりと過ごしてみませんか?日本人常駐の「プーケット旅行センター」ではこのラヤ島行きのツアーも受け受けています。午後からでも楽しめるので、詳しくは日本語でと問い合わせてみて下さい。ウェブ()で詳細を見ることができます。 下の広告も参照で。当:村田まで、お気軽にお問い合わせ下さい。 また、他社でお申し込みされたゴルフ場への送迎も承ります。   2017年10月5日 タイ自由ランド掲載 -> プ...
2017.10.20
レジャー

カンボジアのシェムリアップに日本人女性がゲストハウスをオープン!

  タイの隣カンボジアの有名な世界遺産「アンコールワット」の観光の起点ともなる街、シェムリアップに日本人女性が経営するゲストハウス「Pleasure・プレジャー」がオープンしました。 空港送迎と観光付宿泊プランで女性の1人旅や家族連れ旅行を応援します。 女性専用の部屋では、ドミトリー(相部屋)でもバスタブ付きで旅の疲れを癒してもらえます。 貸し切りの和室もあり、こちらもバスタブ付きで家族での宿泊にもいいでしょう。 宿は1泊朝食付きでアメニティ(歯ブラシ、スリッパ、ドライヤー他)もあります。ほかにはアプサラディナーショー、スパ、ホテルのアフタヌーンティーなどの予約代行も致します。 タイからのご予約は国際電話かラインでどうぞ。タイ滞在中に世界に名だたるアンコール遺跡を見に行ってみませんか。ゲストハウス専用のトゥクトゥクでご案内いたします。 2017年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->日本人女性経営のゲストハウス pleasureのホームページ -> 旅行、トラベル     ...
2017.10.20
レジャー

旅行代理店「JTSインターナショナル」のお出かけクーポンを活用しよう

  新しくなっているホームページで新情報が続々と更新されている旅行代理店「JTSインターナショナル」。 バンコク近郊のお勧めスポットのお出かけクーポンの情報では、スタッフによるお勧め度が★の数で記載されているので、選ぶ際の参考にもなるでしょう。 ほとんどの施設が通常価格よりも安く入場できるうえ、日本語で申し込みや問い合わせができるので、利用しない手はないですね。日本からのお客様をどこかに連れて行く際などにもぜひどうぞ。 お店の場所はフジスーパーや日本料理店が多く集まるスクムビット・ソイ33/1にあり、日本人が常駐しているので安心です。航空券をはじめ、国内、海外のホテルの手配や日本語定期観光も催行しています。   2017年10月5日 タイ自由ランド掲載 -> JTSインターナショナルのホームページ -> トラベル、旅行、ゴルフ     ->JTSインターナショナルの情報 -> JTSインターナショナルの情報ページ ->トラベルの情報 -&gt...
2019.09.26
ニュース

タイへの中国人旅行者が回復へ!今年は年間950万人に!

タイへの中国人旅行者の数は徐々に増えており、特にリピーターや、個人旅行者が最近は増えているのが特徴、と観光庁では話している。 今年は中国の大型連休が10月1日から8日まであり、ただ、タイではラマ9世国王の葬儀で自粛期間に入るため、どれだけ旅行者が伸びるかは未知数だ。 ただ、昨年のこの時期、中国人のツアーのOAトランスポート社の囲い込み等が摘発され、健全なツアーへと改善され、一時、旅行者は減少していたが、ここに来て回復しており、1年間の中国人旅行者は昨年の880万人から、今年は900~950万人に伸びると見られている。           2017年9月20日 タイ自由ランド掲載   ->タイのニュース - >タイのニュースの情報
2017.10.06
レジャー

日本人常駐の「プーケット旅行センター」でプーケットでバギーを紹介‼

  日本人常駐の「プーケット旅行センター」から、現地発おすすめツアーのお知らせです。 プーケットのジャングルをパワフルな4輪駆動・ATVに乗って走るツアーです。未舗装の悪路をATVバギーに乗って、プーケットの大自然を満喫できるツアーです。パトンビーチから車で40分ほどの場所にあるので、宿泊ホテルまでお迎え(宿泊場所により追加送迎代がかかります)いたします。料金は大人1名につき1800バーツ、子ども1名につき1300バーツとなります。最少催行人員は2名からで、午前発と午後発から選べます。男性におすすめのツアーです。 「プーケット旅行センター」では、ほかにもたくさんの現地発ツアーやレジャー施設のクーポンも販売しており、しかもほとんどが施設に直接申し込むよりも安くなります。 ほかにもプーケットでのホテルやゴルフ場、スパの予約から、プーケット発の日帰りツアー、さまざまな施設のクーポンなども取り扱っています。ホームページ()で詳細を見ることができます。   詳しくはプーケット旅行センターの日本人担当:村田まで、お気軽にお問い合わせ下さい。ま...
2017.09.15
レジャー

プーケットを満喫しよう!「プーケット旅行センタ」

  タイ南部の有名リゾート地プーケットといえば、さまざまなアクティビティやレジャー施設がありますが、イルカとアシカのショーが楽しめる「ドルフィンズ・ベイ・ネモ・プーケット」もオススメです。ショーの終了後には有料(400バーツ)でイルカたちと写真撮影もできます。 座席はVIP、デラックス、レギュラーの3種類があり、VIP席はイルカの泳ぐ姿を間近で見ることができ、さらに水しぶきを浴びることも⁉  そのため、VIP席で鑑賞する場合はレインコートを持参するか、濡れてもいい格好でご参加下さい。 下記広告内の料金はレギュラー席の場合の料金で、通常1600バーツのところ、1300バーツで販売しています。 日本人常駐の「プーケット旅行センター」では、ほかにもたくさんのレジャー施設のクーポンも販売しており、しかもほとんどが施設に直接申し込むよりも安く購入することができます。 ほかにもプーケットでのホテルやゴルフ場、スパの予約から、プーケット発の日帰りツアー、さまざまな施設のクーポンなども取り扱っています。ホームページ()で詳細を見ることができます...
運転手付きレンタカー

多彩な用途に使えるドライバー付きレンタカーサービス「RYO&F旅行社」

  「RYO&F旅行社」の管理するドライバー付きレンタカーサービスは、思いのままに自由自在に運行プランを組んで頂く事が出来ます。  送迎で楽々、乗り換え不要で、目的地に直行。重い荷物も心配不要。トイレが近い方も安心です。団体のツアーや個人旅行するよりも断然快適です。  手配できる車は、ワゴンタイプで、日本語の話せるガイドを付けることもでき、ご家族で、または、友人同士で、快適な旅を満喫できます。  日本からのバンコク市内観光やタイの地方旅行にも快適で、日帰りツアーの行き先といえば、アユタヤ、パタヤ、ホアヒン、カンチャナブリーなどが人気です。   また工業団地への送迎や、スワナプーム空港とホテル間の送迎も行なっておりますので、希望のプランがある人は、まずは日本人担当にご相談下さい。 行先は企業の訪問から観光地めぐりまで、幅広く対応します。   そのほか、日本人に人気のゴルフ場の予約、ホテル、航空券、各種エンターテイメントの手配も行なっております。  ご相談には日本人担当が対応します。Eメールでの見積、手配依頼も出来ますので、お気軽にお問い合わせください。 2017年8月20日 タイ自由...
2017.09.06
レジャー

プーケットで、イルカとアシカのショーがお勧め

  観光地として世界的に有名なタイ南部のプーケットでは、ビーチリゾートだけでなく、さまざなレジャー施設も豊富にあり遊ぶことに関しては大変充実しています。 日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」でおすすめしているのが「ドルフィンズ・ベイ・ネモ・プーケット」です。ここはプーケット初のイルカとアシカによるショーが楽しめる施設となっており。1回のショーは合計45分で、イルカのジャンプやアシカのコミカルなショーが楽しめます。ショーの終了後には有料(400バーツ)でイルカたちと写真撮影もできます。 プーケット旅行センターでは、ほかにもプーケットでのホテルやゴルフ場、スパの予約からディナーショー、象乗り体験や子どもの膝くらいの浅瀬で魚と遊べるカイ島への日帰りツアーなどもあります。 プーケットでのレジャーに関することならなんでもお気軽にご相談下さい。取り扱っているツアーやクーポンなどはホームページ()でご覧いただけます。 問い合わせはお気軽にプーケット旅行センターの日本人担当:村田まで。 また、他社でお申し込みされたゴルフ場への送迎も...
2017.08.25
レジャー

日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」でプーケット発おすすめツアー

  世界有数のビーチリゾートでもあるプーケットから日帰りで楽しめるツアーも豊富にあります。 日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」でおすすめのツアーが「パンガー湾の大冒険‼シーカヌーデラックスツアー」です。 アンダマン海で絶景の奇岩群があるパンガー湾をシーカヌーで探検することができます。干潮時にのみ海面から入り口が現れる狭い洞窟を抜けるとマングローブが生い茂り、鍾乳洞をそばで見ることができます。プーケットのホテルからの送迎付きの日帰りツアーとなっております。 プーケット旅行センターでは、ほかにもプーケットでのホテルやゴルフ場、スパの予約からディナーショー、象乗り体験やカイ島への日帰りツアーなどもあります。プーケットでのレジャーに関することならなんでもお気軽にご相談下さい。取り扱っているツアーやクーポンなどはホームページ( )でご覧いただけます。 問い合わせはお気軽にプーケット旅行センターの日本人担当:村田まで。 また、他社でお申し込みされたゴルフ場への送迎も承ります。 2017年7月20日 タイ自由ランド掲載 -> ...
2017.08.10
レジャー

プーケットで波乗りサーフィンを体験

  タイ南部にある世界的なリゾート地、プーケットではマリンスポーツに関するアクティビティも豊富にありますが、人口の波ででサーフィンができる「サーフハウス」という施設もあります。 通常のサーフボードよりも小さいボードを使い、波乗りが楽しめます。上級者になると様々な技を繰り出すなど、波乗りしている人がいれば、見ているだけでも楽しめるスポットとなっています。 日本人常駐のプーケット旅行センターではこのサーフハウスでの1時間の波乗り体験を通常1000バーツのところ、800バーツで楽しんでいただけます。初心者の方は転倒しにくいようにコードを持って、波乗りの練習ができます。子供向けにはインストラクターが同乗して、波乗りの感覚を楽しむこともできます。 そのほか、プーケットでのホテルやゴルフ場、スパの予約からディナーショーや離島ツアーなど、プーケットでのレジャーに関することならなんでもお気軽にご相談下さい。取り扱っているツアーやクーポンなどはホームページ()でご覧いただけるので、週末ちょっとプーケットへ、という時もどうぞ。 問い合わせはお気軽に...
2017.06.23
レジャー

新型クルーズ船の申し込みはプーケット旅行センター

  タイ滞在中に一度は行っておきたい南部のリゾート地プーケット。現地発のツアーやアクティビティの手配も「プーケット旅行センター」なら、日本人常駐で頼りになります。ただいまのオススメは映画やポスターのような美しいビーチを巡るピピ島1日ツアーの参加者も募集中です。今回はプーケットからピピ島へ行く新型クルーズ船をご紹介します。今年の3月から運航している新型船では、限定55名のゴールド席が通常2500バーツのところ、2100バーツの特別料金となっています。電動リクライニングシートに大きな窓からの景色、屋上デッキでもくつろげる特別席となっています。極上の景色を見るための船旅も極上の席でどうぞ。問い合わせはお気軽にプーケット旅行センターの日本人担当:村田まで。 詳しくはホームページ()でご覧下さい。 他社でお申し込みされたゴルフ場への送迎も承ります。 2017年5月20日 タイ自由ランド掲載 -> プーケット旅行センタのホームページ -> 旅行、トラベル ->プーケットのゴルフ場予約の情報...
2017.06.01
ゴルフ、トラベル、旅行

プーケット発着のマイトン島ツアー

タイ滞在中に一度は行きたいプーケット。現地にある日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」では、プーケット発のお得なツアーを豊富に取り扱っています。 ただいまのオススメツアーはプーケット発着の『カタマラン(双胴船)で行くマイトン島ツアー』です。通常、大人4500バーツのところ、3200バーツ、子供3500バーツのところ、2250バーツの特別料金となっています。5月31日までの期間限定料金となってます。このツアーでは楽園のような美しい島のビーチで遊んだり、シュノーケリングも楽しめます。カタマランは一度に乗船できる人数も多くないため、プライベート感覚がたっぷりと楽しめます。(船内には横になる部屋もあり)双胴の船首間には布が張られおり、ここでゆっくりとくつろぎながらのクルージングが楽しめます。 詳しくはプーケット旅行センターの日本人担当:村田まで、お気軽にお問い合わせ下さい。ホームページ)でも詳細を見ることができます。 また、他社でお申し込みされたゴルフ場への送迎も承ります。 2017年4月20日 タイ自由ランド掲載 -> プーケット旅行...
2017.04.28
ゴルフ、トラベル、旅行

スクムビット・ソイ33/1にある旅行代理店「JTSインターナショナル」でタイらしい体験を楽しむ

日本から家族や友人が来た時にバンコクから日帰りで行けるレジャーやタイらしい体験をするなら、スクムビット・ソイ33/1にある旅行代理店「JTSインターナショナル」へご相談下さい。バンコク発で楽しめるお出かけクーポンの販売やプライベート定期観光を催行しています。 たとえば、「タイ舞踊&ディナーショー」は伝統的なタイ料理とショーを楽しむことができます。場所はチャオプラヤー川沿いのマンダリンオリエンタルホテル内にある「サラ・リムナム」で大人1名2500バーツです。豪華な装飾と料理にタイ舞踊を満喫できます。 ほかにはタイの国技ムエタイ観戦やチャオプラヤー川ディナークルーズ、ニューハーフショーなどのクーポンも販売中です。送迎付きのコースもあるので、詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。 もちろん、バンコク発の格安航空券販売やタイのホテル予約代行もおまかせ。 運転手付きマイクロバス(8人乗り)を利用する、バンコク市内観光コース(8時間)やプライベート定期観光コース、ゴルフ場への送迎や予約も承っています。 2017年4月20日 タイ自由ランド...
2019.09.26
ロングステイ

ラオスのビザ取得ツアー、せっかくの機会!観光もお勧め!

★せっかくラオスにビザ申請に来たので1~2泊延泊して、フランス植民地時代の「街が世界遺産のルアンパバーン」や「バンビエン」など欧米人に人気ナンバーワンのラオス観光を堪能することもお勧めだと思います。 ★ラオス出入国検査横の免税店がリニューアルオープン‼ ブランド品「お酒・タバコ・化粧品」などが免税で購入できます。 ★ハーバルスチームサウナが『お肌ツルツル』になると女性に好評です。料金は、利用料、服レンタル、コーヒースクラブとヨーグルト計3万2千キップ(約160バーツ) これらは、弊社「ラオス・タイビザ申請ツアー」でラオスに行かれた時に体感できます。ビザ申請を行わないご家族やお友達、恋人なども一緒に参加できます。最近は、ご家族や恋人、お友達と一緒にラオスに来られる方も増えております。タイ人可。 ●【ラオス・タイビザ申請ツアー最新情報】 空路便バンコク発以外の地域から❶北部「チェンマイ発」 ❷中部「パタヤ・ウタパオ発」 ❸南部「プーケット発」または「バジャイ発」⇆タイ・ウドンタニ空港行き往復・国内空路便「直行便または乗継便」⇄ラオスも取り扱...
2017.08.15
ゴルフ、トラベル、旅行

プーケットのパトンビーチで、ブティックリゾートのはしりBurasari Patong

パトンビーチの繁華街より徒歩10分ほど北へ移動したRuamja Road沿いにあるBurasari Patong。このリゾートはパトンビーチのブティックリゾートのはしりであり、エントランスからホテル内の通路などいたるところにおしゃれな調度品が置かれております。また、ホテルの敷地は決して広くないのですが、スイミングプールの位置や部屋の配置が上手にレイアウトされており、にぎやかなパトンビーチにあるとは思えないほど、隔離された別世界が楽しめ、女性のお客様からは『うわ~素敵』という言葉が漏れるほどの空間を醸し出しております。ボトムクラスのプレミアルームは27~30㎡とコンパクトなサイズであり、若干手狭感が感じられます。 そのため、お勧めのお部屋タイプはひとつ上のカテゴリである、エリートルーム(38㎡)から。エリートルームはデッキチェアつきのバルコニーがあり、ここからは涼しげなプールビューが楽しめます。また、お部屋のデザインもプレミアムルームより洗練されており、カップルや女性のお客様に喜んで頂けるデザインとなっております。ホテルから徒歩10分圏内にはビーチやショッピングコンプレックス、レ...
2017.03.31
ゴルフ、トラベル、旅行

プーケットへ乾季限定ツアー

タイ滞在中に一度は行ってみたいタイ南部のリゾート地プーケットにある旅行代理店「プーケット旅行センター」では、お得なツアーを多数取り扱っています。 現在、イチオシのツアーが「ロック島」と「ハー島」を巡るスピードボートツアーです。ロック島はプーケットから南東へ100㎞の場所に位置する2つのロック・ノイ島、ロック・ヤイ島という無人島です。そしてハー島はタイ語で5つの島という意味で、こちらも無人島です。これらの島周辺には手付かずの自然が多く残っており、ランタ島(クラビ)からのダイビングスポットとなっていることでも知られています。 これらの島の特長ですが、その美しさは有名なダイビングスポットでもあるシミラン島を凌ぐとも言われています。両島とも手付かずの自然が残っており、白く美しいビーチでのんびりと過ごすことや、美しいコーラルリーフにて、サンゴ礁やトロピカルな魚たちと戯れることができます。このツアーは乾季限定のコースとなっています。 詳しくはプーケット旅行センターの日本人担当:村田まで、お気軽にお問い合わせ下さい。 ホームページ)でも詳細を見ることがで...
ゴルフ、トラベル、旅行

バイヨークスカイタワーの展望レストランで夜景を見ながらビュッフェ

バンコクの夜景を楽しみながらディナーという時はバイヨークスカイタワーの展望レストランはいかがでしょうか。同タワーの76階と78階にあるレストランでの食事はビュッフェ形式となっています。 この展望レストランのクーポンを取り扱っているのが、スクムビット・ソイ33/1にある日本人経営の旅行代理店「JTSインターナショナル」。 バイヨークスカイタワーの展望レストランに直接申し込むよりも旅行代理店を通した方がこういったクーポンは安くなることが多く、しかも日本語で申し込みができるので安心です。 ほかにもチャオプラヤー川リバークルーズやムエタイ観戦、ニューハーフショー、タイ舞踊&ディナーショーのクーポンなども取り扱っています。 旅行代理店なので、もちろん航空券やホテルの予約、運転手付き送迎サービスなども行っています。 2017年3月5日 タイ自由ランド掲載 -> JTSインターナショナルのホームページ -> トラベル、旅行、ゴルフ ->JTSインターナショナルの情報 -> JTS...
2019.09.26
ゴルフ、トラベル、旅行

エメラルドグリーンの海で遊ぶ

バンコクから国内線で行くことができるリゾート地プーケットには日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」があります。 現在、同店ではプーケット発のスピードボートツアーでお得な下期間限定プロモーションを行っています。ハリウッド映画の舞台になったことで有名になったピピ諸島をめぐるツアーが通常3,600バーツのところ、2,300バーツで楽しめます。 美しい白砂のビーチやエメラルドグリーンの海でシュノーケリングもできます。 詳しくはプーケット旅行センターの日本人担当:村田まで、お気軽にお問い合わせ下さい。ホームページ()でも詳細を見ることができます。 また、他社でお申し込みされたゴルフ場への送迎も承ります。 2017年2月20日 タイ自由ランド掲載 -> プーケット旅行センタのホームページ -> 旅行、トラベル ->プーケットのゴルフ場予約の情報 ->プーケット旅行センターの情報 ->ホテル予約の情報
2017.03.04
ゴルフ、トラベル、旅行

旅行代理店「プーケット旅行センター」でプーケットから美しい離島へ

タイ南部の有名リゾート地プーケットといえば、さまざまなアクティビティやレジャー施設がありますが、ここからさらに船で移動すると、楽園のような美しい自然に出会うことができます。 日本人常駐でことばの心配がいらない旅行代理店「プーケット旅行センター」では、プーケット発のツアーも豊富にあり、乾季限定プロモーションとして、世界的に有名な6つの群島、ピピ諸島をめぐるツアーを取り扱っています。今回ご紹介するのは、手付かずの自然が残るピピ島&バンブー島ツアーです。ピピ島はすでに有名ですが、その北東にあるバンブー島ではエメラルドグリーンの美しい海でシュノーケリングをお楽しみいただけます。タイ滞在中に一度は行ってみたい素晴らしい景色に出会えることでしょう。 詳しくはプーケット旅行センターの日本人担当:村田まで、お気軽にお問い合わせ下さい。 ホームページ()でも詳細を見ることができます。また、他社でお申し込みされたゴルフ場への送迎も承ります。 2017年2月5日 タイ自由ランド掲載 -> プーケット旅行センタのホームページ -> 旅行、トラベル ...
タイのニュース

アセアン内のクルーズ観光促進

シンガポール観光庁によると、アセアン内でのクルーズ観光を促進していきたい、としている。そのためには各国で港を整備することや、航路のルートを確保することなどが必要で、また旅行代理店が積極的にクルーズ観光を宣伝していくことが必要としている。 タイ観光庁でも、このようなアセアン内でのクルーズ観光には乗り気で「周辺国は観光でのライバルではなく、協力していくべきもの」として、プーケットのほかにタイ湾ではチョンブリー、ラヨーンのレムチャバン港、マプタプット港なども整備していきたいとしている。 2017年2月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
ゴルフ、トラベル、旅行

楽園のようなピピー島&カイ島

世界有数のリゾート地として有名なプーケットには、日本人常駐で頼りになる旅行代理店「プーケット旅行センター」があります。プーケット発のツアーも各種取り揃えており、今ならプーケットから船で行けるピピー島と子供のひざくらいの浅瀬で魚と遊べるカイ島を巡るツアーが1400バーツと格安になっています。 ハリウッド映画の撮影場所として世界的に有名になったピピ島は6つの島からなる諸島であり、ピピ・ドン島が観光の拠点となっております。近年多くのリゾート施設が建設されています。マヤベイのあるピピ・レ島は有名な観光スポットです。ピピ・レ島は、ここ以外にもローサマベイやバイキングケーブなどの見所が満載です。また、無人島のバンブー島やモスキート島は手付かずの自然が残された無人島であり、プーケット発のツアーではなかなか足を運ぶことが出来ないお勧めの観光ポイントでもあります。 詳しくはプーケット旅行センターの日本人担当:村田まで、お気軽にお問い合わせ下さい。 詳しくはホームページ()でご覧下さい。他社でお申し込みされたゴルフ場への送迎も承ります。 2017年1月...
2017.02.02
ゴルフ、トラベル、旅行

映画の舞台になったピピ島へ日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」で用意

タイ南部のリゾート地、プーケットで日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」から、特別料金でのツアー情報です。 プーケットから船で行ける有名リゾートのピピ島と子供のひざくらいの浅瀬で魚と遊べるカイ島を巡るツアーが1400バーツと格安になっています。 ピピ島は6つの島からなる諸島であり、ピピ・ドン島が観光の拠点となっております。近年多くのリゾート施設が建設されていますが、実際に地元の人たちが住む場所はごくわずかです。レオナルド・ディカプリオの主演映画である『ザ・ビーチ』の舞台となったマヤベイのあるピピ・レ島は有名な観光スポットです。ピピ・レ島は、ここ以外にもローサマベイやバイキングケーブなどの見所が満載です。また、無人島のバンブー島やモスキート島は手付かずの自然が残された無人島であり、プーケット発のツアーではなかなか足を運ぶことが出来ないお勧めの観光ポイントでもあります。 プーケットの現地発ツアーはほかにもたくさんあるので、プーケット旅行センターの日本人担当:村田まで、お気軽にお問い合わせ下さい。 詳しくはホームページ()でご覧下さい。...
2017.01.19
ゴルフ、トラベル、旅行

旅行代理店「プーケット旅行センター」で最も美しいシミラン島ツアー

日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」から乾季限定のプロモーションが発表されているので、紹介いたします。ただいまのオススメツアーはタイで最も美しい島と言われている「シミラン諸島1日ツアー」です。数多くのシュノーケリングポイントがあり、アンダマン海に生息するさまざまな海の生物に会えます。巨大な岩と美しいサンゴに囲まれたシミラン諸島行くならプーケット旅行センターでお申し込み下さい。シミラン島に宿泊するツアーもあるので、お気軽にお問い合わせ下さい。 プーケットでのホテルや車の手配はもちろんのこと、現地発のツアーは豊富に取り揃えております。 詳しくはプーケット旅行センターのホームページ()でご覧下さい。 なお、プーケット旅行センターでは、他社でお申し込みされたゴルフ場への送迎も承ります。お問い合わせはお気軽に日本語でどうぞ。 (プーケット旅行センター 担当・村田) 2016年11月5日 タイ自由ランド掲載 -> プーケット旅行センタのホームページ -> 旅行、トラベル >プーケットのゴルフ場予約...
ゴルフ、トラベル、旅行

タイ国内観光で40年の実績「RYO&F旅行社」

タイで旅行業一筋40年以上のベテランが対応してくれる「RYO&F旅行社」では、貸切りマイクロバスと日本語ガイド同伴のサービスも行っております。 例えば、アユタヤ観光おすすめは、遺跡を数ヵ所まわった後に、象に乗って遊んで、近くの水上マーケットを見学するプラン。このように、一般的な日帰り観光にプラスして、さらに、充実した内容を提案いたします。バンコク市内観光から、パタヤ、ホアヒン、カンチャナブリなど、タイの人気観光地をプライベートの貸切りワゴンで、日帰りで満喫できます。ホテル・航空券・各種エンターテイメントの手配・予約代行ほか、貸切ワゴンでスワナプーム空港や工業団地までの送迎などでも利用できます。 その他、相談があれば、日本人担当が対応します。Eメールでの見積、手配依頼も出来ますので、お気軽にお問い合わせください。 2016年10月20日 タイ自由ランド掲載 -> RYO & F 旅行社のゴルフ場予約、レンタカーのサイト -> レンタカーのページ -> ゴルフ-トラベルのページ -...
2018.09.03
ゴルフ、トラベル、旅行

家族でイルカ&アシカのVIP席

絶景!最高のロケーション バンコクから飛行機で1時間半ほどにあるプーケット島。タイ移住10年になるが、2度目の訪問。前回は島で一番賑やかなパトンビーチに宿泊したが、今回は島の南端、静かなナイハーンビーチにある『The Nai Harn』に宿泊。 空港からはタクシーで1時間20分ほど。山肌に沿って部屋が階段状にあるためか、緑の中に寝そべっているかのような外観。テンションが上がる。部屋自体も十分に広いのだが、ゆったりとしたベランダも青空とビーチが一望でき、ソファベッドに寝そべってゴロゴロしたくなる。いや、ゴロゴロしたのだが。 1階のオープンエアのレストランもビーチをながめながらの食事が楽しめる。朝の海がまた気持ちよすぎる。太陽が山の向こうから顔を出す時間帯は、刻一刻と変わる海の姿に目を奪われる。2時間も朝食にかけたの初めてじゃなかろうか。 2階にあるバーも絶景。ナイハーンビーチからプロンテープ岬、その沖の島と続くパノラマを肴に、プーケットビールがよくすすむ。これまた風が気持ちよすぎて、少々ビールを飲みすぎる。 ホテル従業員も、会う度に笑顔...
ゴルフ、トラベル、旅行

プーケットのジャングルを飛ぶ

タイ南部にあるプーケットは世界的に有名なビーチリゾートとして、マリンスポーツを中心にさまざまなアクティビティを楽しむことが出来ます。 プーケット随一の繁華街パトンビーチにある日本人常駐の旅行代理店「プーケット旅行センター」では、プーケットでのホテルや車の手配、ツアーの申し込みなども承っています。 今回の広告で紹介している「フライングハヌマーン」はパトンビーチから車で15分ほどの場所にあるジャングル・スカイアドベンチャーです。広大な敷地を持つ施設は木々の間にはジップラインと呼ばれるワイヤーが張り巡らされており、ワイヤーに滑車を引っ掛けて、滑車で滑走する爽快なアドベンチャーが楽しめます。 滑走する姿はさながらインド神話に登場するハヌマーン (空を鳥のように飛ぶことができるインド神話における風塵ヴァーユの化身) のよう。ジップラインは一番高い高さで地上から40メートルもあり、最長で滑走距離400メートルのものもあります。爽快なスピード感やプーケットの手付かずの自然の風景を冒険気分を存分にお楽しみいただけます。 今回のお勧めリゾートホテルのような広い部屋に泊まって、プーケットの自然の中で...
レンタカー

海で泳ぐクジラを見に行こう!

夏休みに日本からやって来る家族や友人とのお出かけに便利なのが、「アビデック」の運転手付きレンタカー。バンコク近郊の観光地へも日帰りツアーや時間制フリープランなど、人数や目的地別に楽しめます。 今月からはバンコク近郊の海へ行き、船上からクジラを見学する「日帰りホエールウォッチングツアー」も始まっています。8月以降は土日の出発もありますが、定員が各回15名までとなっているので、お早めのご予約をお願いします。 アビデックなら日本人スタッフ常駐なので、予約も日本語でOK! ホエールウォッチングの料金は大人2500バーツ/子供 2000バーツ(12歳まで)、レンタカーを利用した往復送迎、軽食+飲料水2本付きです。集合・出発はBTSプロンポン駅が最寄りのエンポリアムのバンコク銀行前を朝7時に出発、バンコク帰着は16時頃の予定です。気軽に行ける日帰りツアーですので、タイ滞在中の思い出に家族や友達と参加してみてはいかがでしょうか。 申し込みは下のアビデックの広告または特設サイトをご参照下さい。2016年7月5日 タイ自由ランド掲載->アビデックのホームページ-> アビデックのFacebo...
タイ関連コラム

1日かけてくだもの食べ放題のラヨーン方面へ!

雨が降り始めたこの時期、タイではランプータンやマンゴスチン、ドリアンなどのくだものが出回り、驚くほど安くでスーパーなどで売り出されることもあるが、これらのくだものが食べ放題の「フルーツ・ビュッフェ(くだもの食べ放題)」を行なっているのが、ラヨーン~チャンタブリー方面の農園。大きなところで10カ所ほどがあるが、日本人向けの1日ツアーなどでも申し込むことができるが、タイ人なども同じくミニバンでのツアーで出かけたり、自分たちで車で出かけたりして、週末などはにぎわっている。 我々、日本人でも個人的に出向いてみたい、という人に、ラヨーン方面の主だった農園を紹介してみよう。 パタヤからも近くて、設備も充実していて、農園内の移動車も完ぺきなのがスパトラーランド。 40年以上の歴史があり、広さも何と800ライに及ぶ。初めてラヨーンへフルーツ・ビュッフェに行く人はまずここだろう! そしてもう1カ所、「スアン・ラマイ」は、こちらも大きな農園で、スパトラには行ったから、という人にお勧めしたい。ランプータンやマンゴスチン、ラムヤイ、ドリアン、チョンプー、ぶどうなどがあり、別途にシープ・ファームやストロ...
2017.06.08
タイ関連コラム

アムパワー水上マーケットへ行ってみました

バンコクから車で1時間半程で行け、気軽に日帰りできる観光スポット、サムットソンクラーム県のアムパワー水上マーケットへ行ってみました。 マーケットは毎週金土日の週末のみ開いており、昼過ぎから夜8時頃までが賑やかです。 ダムヌンサドゥアックやタリンチャンなど、タイ各地に、水上マーケットはありますが、どこでも同じようなものを売っていて、古き良き時代を求める観光客向けの演出がされており、アムパワーも予想通りの光景でした。アムパワーに昼に来て、ちょっと見学して帰ったら、混雑したマーケットという感想しか残らなかったかもしれません。 最初はどちらかというとネガティブな印象を持ったアムパワーでしたが、日が暮れるとともに、その印象は大きく変わりました。 暗くなるとマーケットの主役は土産物屋や屋台船からレストランやパブへと交代します。ほとんどの人が日帰り客で帰ってしまうので、夜になると、急に静かになりました。観光客でごった返す水上マーケットから、しっとり落ち着いた水辺の街に姿を変え、灯りが運河に映り、ロマンティックな雰囲気さえあります。 夜の雰囲気を堪能し、深夜バンコクに帰ることも可能ですが、...
2017.04.22
レンタカー

バンコクから日帰りでクジラを見る

日本人向け運転手付きレンタカーサービスを行っている「アビデック」では、バンコク発着の日帰りホエールウォッチングツアーの参加者を募集しています。 今回は7月と8月の催行日(上の表参照)をお知らせいたします。 アビデックなら日本人スタッフ常駐なので、ことばの心配もありません。ホエールウォッチングの料金は大人2500バーツ/子供 2000バーツ(12歳まで)、レンタカーを利用した往復送迎、昼食+飲料水1本付きです。 スケジュールはエンポリアムのバンコク銀行前を朝7時に出発して、8時半ごろ船着場へ。9時頃から14時頃まで船でホエールウォッチングに向かいます。バンコク帰着は16時頃の予定です。最低催行人員は6名様、定員は15名様までとなっています。 バンコクから車で1時間30分、気軽に行ける日帰りツアーですので、タイ滞在中の思い出に家族や友達と参加してみてはいかがでしょう。 ほかにもバンコク近郊のリゾート地への片道送迎やアンパワー水上マーケット&蛍鑑賞ツアーなど、様々なコースがあるので、バンコクからのお出かけにご利用下さい。 2016年5月20日 タイ自由ランド掲載->アビデッ...
2016.06.03
タイ関連コラム

特典いっぱいのスクムビットにある5つ星ホテル会員

日本では、なかなか利用する機会がない5つ星ホテルですが、タイに住んでいるとアフタヌーンティーやビュッフェなどで利用する機会が度々あります。 お得に利用する方法としては、プロモーション期間中にお店に行くという方法がありますが、ホテルの会員プランを利用して、いつでもお得に利用するという方法もあります。 ホテル会員といえば、通常は、宿泊した分のポイントを貯めていく会員プランが一般的ですが、ホテルによっては、さらにタイ在住者向けの会員制度を設けているところもあります。 会員カードを使えば、随時割引きが効くほか、食事やスパ、宿泊などで使えるクーポンがついてきたりと、5つ星ホテルのサービスを格安で利用することができます。 そこで、今回はスクムビットにある5つ星ホテルのお得な会員プランについて調べてみました。 まず、ひとつめは、アソーク駅から直結の「シェラトン・グランデ・スクムビット」で申し込めるザ・グランデ・クラブの会員制度です。 ...
2016.08.25
タイ関連コラム

5つ星ホテルで 100万バーツのタイ人の結婚披露宴

クリックすると拡大してご覧いただけますタイの結婚式といえば、夜の披露宴とは別に、早朝に田舎の実家で行なわれるタイ伝統の儀式があったり、はたまた受付に新郎新婦の巨大な記念写真が飾ってあったり、また、招待客は式のテーマや色に合わせた服装をしてきたりと、タイ人らしい遊び心満載のイベントでもあります。 先日、友人のタイ人男性がハイソなタイ人女性との結婚式を挙げることになり、バンコク市内の5つ星ホテルでの挙式に参加してきました。式の費用は総額300万バーツほど掛かったというから驚きです!せっかくの機会ですので、ハイソタイ人の披露宴とはどのようなものなのか、しっかり観察してきました。 ところで、タイの5つ星ホテルで挙式をする場合は、通常どのくらいの費用がかかるものなのでしょう。各5つ星ホテルにパッケージプランの問い合わせをしてみたところ、会場の大きさ、グレードにより、人数と総額費用の最低ラインが定められており、費用は安いところで25万バーツ~、高いところでは95万バーツ~。また、参加人数は50名~というところもあれば、200名~、400名~というところもあります。 基本費用は食事代×参加人...
2016.08.25
タイのニュース

簡易の「ホステル」が急増

最近、シーロムやスクムビット界隈でも増えてきたのが外国人向けの簡易の宿泊。HOSTELと呼ばれるもので、ドミトリー形式など2段ベッドが多く、1泊400~500バーツほどで泊まれるため、外国からインターネットで予約して直接タイに来て泊まる若い人などが増えている。 タイ全体では2000ヵ所以上があり、年々10%の勢いで増えているという。バンコクを中心に、チェンマイやプーケットなど、外国人でタイにやって来るバックパッカーなど、宿泊を節約したい人に人気だ。 1年前にオープンしたスクムビットのソイ26のONEDAYホステルは、ドミトリーの部屋で1泊550バーツから。ソイ10を少し入ったBLOCKSホステルはなんと350バーツ。 さらに、ソイ19にあるCOWホステルは1泊240バーツという安さ。どこも共有施設としてシャワーやカフェ、Wifi、ランドリーなどがあり、中には個室で泊まれるところもある。 タウンハウスなどを改造しただけなので、それほど建設に費用はかかっていないよう。タイの物価も上がり、バーツ高で相対的に宿泊料も上がっているため、この手の安い宿泊施設は今後も増えることが予想される...
2016.02.10
タイ関連コラム

BTSパヤタイ駅から歩いて行ける昔にタイムスリップしたような「スワンパッカード宮殿」

BTSパヤタイ駅から歩いて行ける「スワンパッカード宮殿」は、過去にラーマ5世の孫夫妻が住んでいた高床式タイ伝統スタイルの住居で、現在は、2人のコレクションを展示して、博物館として一般公開しています。 以前から気になっていた場所でしたが、先日の週末にふらりと行ってみました。 『宮殿』と名前がついていますが、高床式の屋敷は以外に小さくて、当時そのままの面影。1900年代の建物でしょうか? 8練の建物それぞれに、違うジャンルのコレクションが展示してあり、渡り廊下を歩いて、建物内をぐるぐるまわりながら見学します。 5000年前のウドンタニで発見された土器から、仏教系の物まで、いろいろ展示してありましたが、個人的にはヨーロッパの金箔で装飾したクリスタルの食器が、値打ちがありそうで、見入ってしまいました。 ここだけ昔にタイムスリップしたようです。庭も広々していて癒されます。休日の小旅行にぜひどうぞ。 場所はシーアユタヤ通り、ホンダ車販売店隣。入場料100バーツ。毎日9時~16時、 ℡.02-245-49342016年2月5日 タイ自由ランド掲載★★ 関連リンク ★★->“BTS...
2016.02.10
タイ関連コラム

週末ぶらり旅にぴったりのラチャブリー

毎年、雨の降らなくなるこのシーズンになると、カオヤイなどの高原リゾートは、タイ人観光客で賑わいますが、バンコクから気軽に行ける高原リゾートとしてラチャブリーも注目されており実際に行ってみました。 リゾート開発されているのは、ラチャブリーのミャンマー国境付近の山岳地帯で、スアンプンという町が拠点で、ここまではバンコクから車で約3時間です。 スアンプン周辺には、バンガローや日本で言うペンション風の宿泊施設がたくさんあり、もっとも有名なのがスイスバレーヒップリゾートです。牧場の中に宿泊するシステムで、ラチャブリーはタイのスイスとも言われていますが、このリゾートのイメージが大きいでしょう。 スイスというには山がなだらか過ぎますが、日本人には親しみのわくのどかな風景で、勾配もカーブもきつくなくないので、サイクリングをしているグループも多くみかけました。ラチャブリーの山間部では自転車専用レーンの整備も進んでいる様です。 スイスバレーヒップリゾートを更に山の奥へ進むと、日本人の好きな温泉があります。ボークルン温泉は、日本の温泉とはだいぶ趣が違いますが、露天風呂感覚を楽しめます。 行ってみ...
タイ関連コラム

温泉、ソムタム、遺跡が楽しめるペチャブーンへの小旅行

以前に本紙で掲載した「ペチャブーンの温泉、バーンクルー」に実際に行ってきました。開発の仕掛け人である光富さんみずから運転してバンコクから2時間半ほど。 着いてみると、思っていたよりもこじんまりした敷地で、とってもアットホーム。オーナーのタイ人がいろいろ説明してくれて、源泉のお湯を見せてくれる。スゴイですね。湧き上がっているんですね!それも48℃で! 周辺の土地の人もいろいろ掘ったといいますが、湧き上がってこなかったようです。これはもう、このオーナーはラッキーとしか言いようがないような気がします。 オーナーいわく「ペチャブーンで唯一!」 この源泉を配管を通して、個室のVIPルームに持っていきます。源泉100%のお湯にそのままつかる! それこそが温泉でしょうか。 実際につかると、温度は42℃くらいに冷めていますが、最近あまり湯舟につかっていない自分にとっては熱い! 入れません。ということで、水を足して入りました。 光富さんが言うように、まずからだを洗ってからジャボン。しばらく入って外に出てまた入って、と繰り返します。効能でいうと、肌がすべすべになる!痛風、糖尿病、肝臓病、胆石、...
2016.05.19
ゴルフ場予約

旅行業一筋のベテラン、山下さんが対応してくれる旅行会社「RYO&F旅行社」

在タイ歴はなんと40年。ずっと旅行業一筋のベテラン、山下さんが対応してくれる旅行会社「RYO&F旅行社」。 同社では、ホテル・航空券・各種エンターテイメントの手配・予約代行ほか、貸切りマイクロバスと日本語ガイド同伴のサービスも行っております。 市内観光から、アユタヤ、パタヤ、ホアヒン、カンチャナブリなど、タイの人気観光地を、プライベートの貸切りワゴンで、日帰りで満喫できます。 最近は、インターネットや情報紙で予め自分の行きたい場所を探してきて、それにあわせたプランをお願いする人が多いという山下さん。 タイのことは知り尽くした山下さんですので、日帰り旅行の中で、「移動時間が余分にかかってしまった」などの無駄がないよう、具体的なプランがある人にも、さらにプラスアルファの提案をしてくれます。ぜひお気 軽にご相談ください。 例えば、日本人に人気のアユタヤ観光。山下さんのおすすめするプランは、遺跡を3、4ヵ所まわった後に、象に乗って遊んで、さらに、近くの水上マーケットも見学できるプラン。このように、一般的な日帰り観光にプラスして、...
2018.09.03
ゴルフ、トラベル、旅行

旅行会社CJL代表を務めるチエコさんはタイでは仕事一筋、60歳で独立

タニヤのチャンイサラビルにある旅行会社CJL。代表を務める日本人女性のチエコさんは今年の10月で、在タイ52年を迎える女社長。 現在、74歳ですが、バリバリ現役で働いており、馴染みの常連客から、親しい友人まで、電話が毎日ひっきりなしにかかってきます。 チエコさんが来タイしたのは、1963年の22歳のとき。日本で知り合ったタイ人男性と結婚し、人生で初めての海外生活がスタートしました。 「今だと、日本人がタイに来て、タイ人と知り合って結婚するのよね」と語るチエコさん。 当時、日本には、富裕層のタイ人留学生や軍関係の人が意外にも多く住んでおり、そこで出会った日本人女性と結婚し、タイに連れて帰ってくるパターンが多かったといいますチエコさんのまわりにも、ハイソなタイ人の家に嫁いだ日本人女性がけっこういて、それ以外でタイに住む日本人といえば大企業の駐在員がほとんどで、バックパッカーなどはまだいなかったといいます。チエコさんとタイ人のだんなさんとの出会いは、大久保の喫茶店。チエコさんは徳島県出身で、当時、東京の印刷会社で働いており、だんなさんは留学生で、東京の国際...
タイ関連コラム

素朴なチャンタブリーのビーチ

今回、週末を利用して、東部のビーチに行ってきました。パタヤを過ぎてラヨーンのさらに先のチャンタブリー。 実際に行って見て、チャンタブリーの海の印象は「何もない未開発の素朴なビーチ」です。パタヤやバンセンのような売り子の人たちはいませんでした。バナナボートや水上スキーの騒音もありません。人が少なく、二人だけでぼんやり海を見つ めるのに最適な場所かもしれません。たまには、二人で童心にもどって、貝殻集めもよいのではないでしょうか。 チャンタブリーへの家族旅行は一本の電話から始まりました。内容はタイ人のお母さんがおばあさんといっしょにバンコクにやって来るので、みんなでチャンタブリーの親戚の家に行って海で遊ぼうという内容でした。海に行くのは久しぶりなので楽しみにしていました。でも、ちょっと不安なこともありました。 私の不安はタイ人の家族の計画性のないマイペンライ気質と、車を運転してくれるドイツ人のおじさんの頑固な気質でした。前回のフアヒン旅行では、行けばどこかホテルが空いてるというタイ人たちと、自分が満足した ホテルじゃないといやだという頑固なおじさんの意見...
2015.08.26
パブ、バー

タイでの広告は料金と効果を考えれば断然、タイ自由ランドです

タイに住む日本人とともに、日本に住む日本人でタイに来る人などに、効果的に告知するのはタイ自由ランドの広告が一番です。 何といっても、広告料が断然安い! 広告というのは3ヵ月載せてすぐ効果が出るものでもありません。1~2年と継続して、衆知していくのがよい。 そういう意味でタイ自由ランドの広告料は、ほぼ名刺サイズでは、1年契約をすれば1ヵ月分2回掲載で、4640バーツという値段です。広告料を切り詰められるのがわかると思います。 この料金に含まれるものとして、 ①広告掲載が基本として上げられます。広告内は毎回変更が可能で、デザイン等はもちろん、編集部が作成します。 ②編集部による取材、記事の作成が料金に含まれます。これは広告枠とは別に紙面に設けられるもので、広告だけでは伝わらない店の雰囲気等がこの記事により、より印象深くなり、集客効果が見込めます。 ③紙面に載せた記事と広告をホームページ1ページ分として作成します。 まだホームページがない、という店もこの1ページ分を宣伝に利用できます! ④店の詳細をホームページ1ページ分として作成...
2017.09.28
タイのニュース

国内旅行で所得控除

経済の活性化、さらにタイ国内の旅行業界の活性化のため、タイ旅行者業界は、タイ国内を旅行する人がそれを経費にして個人所得税への控除ができるよう政府等に提案するとしており、まもなく承認される見通し。 これは、日本人などでもタイで働いている人なら、関係する話だが、上限の経費は2万バーツまでで、タイ国内の許可を取っているホテルでの宿泊や、許可を取っている業者のツアーを利用する場合など。 まもなく、ハイシーズンとなるため、それに合わせて、実施したいとしている。 このアイデアは以前、アピシット首相の時に3ヵ月のみ実施されたが、短かったため結果が見えなかったという経緯がある。 実施することにより、個人所得税の収入は1年で上限40億バーツは減る見通しだが、一方で旅行業界の収入が増え、法人税も増える。さらに売上増でVAT税も増え、そのほか、許可を受けていないホテルが、許可を受ける方向に向くなどのメリットがあるとしている。 2014年9月5日 タイ自由ランド掲載
ゴルフ、トラベル、旅行

ラヨーンの果物食べ放題

雨季のタイに出回る果物。マンゴスチンやランプータン、リンチーなどがとても安くで買えますが、パタヤをもう少し行ったラヨーン県では、果樹園のビュッフェが何ヵ所かあり、我々、日本人も、1日ツアーなどで、そのビュッフェに参加したことのある人もいるでしょう。果樹園を見学しながらもぎたてのくだものをそのままいただくというものです。 7月に入ると、そろそろ安くで出回るのは終わる時期ですが、まだ、ラヨーン方面の食べ放題ビュッフェは実施しているので、まだ行ったことのない人は一度行ってみるのもよいでしょう。 一番、大きそうなところは、スパトラーランドの果樹園で、何と800ライで25種類ほどのくだものが採れるというふれ込み。ホームページでは出回る時期を提示しているのでそれも参照で。 毎日開いており、朝8時から夕方6時まで、1人当たり300バーツほどでとれたてのくだものが食べ放題です。タイ観光庁でもタイ人向けに積極的に宣伝しており、車で出かけ、帰りにパタヤで1~2泊するというパターンも多いといいます。 2014年7月5日 タイ自由ランド掲載
2014.07.18
パタヤの生活情報

パタヤ発着・モンキーアイランド日帰りツアー

「クラブタイランド」パタヤ店では、パタヤ発着・モンキーアイランド日帰りツアーのサービスを開始しました! 野生の猿が暮らすモンキーアイランド(Koh Ped)に、定員16名の豪華スピードボートで行くデラックスなツアーです。サメット島やラン島とはまた違った魅力の無人島に猿とたわむれるツアーを是非お楽しみください。 料金は大人1名:2,500B、子供1名:1,500B(5歳~12歳未満)。ソフトドリンク、フルーツ、昼食(タイ料理)、シーカヤック、シュノーケリング(用具一式無料貸し出し)、釣り(用具一式無料貸し出し)等がツアーに含まれます。 詳細はクラブタイランドホームページにて ↓     www.thailandcard.com 「クラブタイランドカード」は、持っているだけでタイ国内の様々な所で割引特典が受けられる便利でお得なカード。割引特典が利用できるゴルフ場は、現在123ヶ所。 飲食店やデパート、スパや病院など多種多様な加盟店は現在500ヶ所あり、様々なメリットがあります。 お申し込みは至って簡単! お名前、ご連絡先を記載するだけで、その場で即発行し...
2014.05.09