タイのニュース 新規コンドミニアム

AP+三菱地所のコンドミニアム新規物件

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイの大手開発デベロッパーのAP社が高層コンドミニアムの「ライフ・ラプラオ LIFERADPRAO」の販売を5月20日より開始する。

三菱地所と共同で、これまで物件開発を進めており、今回はセントラル・ラプラオにほど近い場所で、将来、BTSが開通する駅のすぐそば。ツインタワーとなり、45階と46階建てで、2020年の完成を見込む。

7ライの敷地で事業規模は76億バーツ。2棟合わせて全1615ユニットで、スタジオ26~29㎡が509ユニット、価格は290万バーツ~、1ベッド35㎡は832ユニット、価格490万バーツ~、2ベッド48.5~75㎡は273ユニットとなっており、1㎡当たりの平均価格は14万バーツとなっている。

同社によると、「すでに2500人の登録者があり、早くに800室は売りたい。この地域で1㎡14万バーツは許容範囲だと思う」と語っており、都心から少し離れた地域は1㎡当たり9~12万バーツほどが相場だが、強気の14万バーツとなっており、どれほどの購入があるか注目される。℡1623 ウェブwww.apthai.com

2017年5月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売


 

->新築コンドミニアムの情報

->新規コンドミニアムの情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, 新規コンドミニアム
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.