ANAバンコク-東京線30周年記念イベントを開催


平子裕志代表取締役社長によるスピーチ

平子裕志代表取締役社長によるスピーチ

スワンナプーム空港で行われた バンコク-東京線 就航30周年記念式典

スワンナプーム空港で行われたバンコク-東京線 就航30周年記念式典

スワンナプーム空港で行われた バンコク-東京線 就航30周年記念式典

スワンナプーム空港で行われたバンコク-東京線 就航30周年記念式典

ANA は、1989 年 7 月 14 日に開設したバンコク-東京線の 30 周年を記念して、2019 年 7 月 14 日バンコクスワンナプーム空港にて特別セレモニーを実施いたしました。

同日、羽田空港行きNH850 便搭乗手続き開始直前の18 時 40 分、多くのお客様が列をなす中、ANA の地上係員によるフラッシュモブのダンスが始まり、エリア一体は驚きと歓喜の渦に包まれました。

NH850 便の搭乗ゲートでは、日本より駆けつけた平子裕志代表取締役社長によるスピーチが行われ、長きにわたりANAをご支援くださったお客様へ感謝の意が述べられました。 搭乗前には一人ひとりのお客様に記念品として NaRaYa 製ポーチが手渡され、搭乗予定の全てのお客様を乗せた飛行機が無事にバンコクを出発したことで、セレモニーの幕が閉じました。 ANAでは空港での記念セレモニーとは別に、バンコク線 30 周年と関連した”THANK YOU”キャンペーンを実施しています。 このキャンペーンでは、2019 年 9 月 30 日までの期間中、対象の ANA 航空券を購入されたお客様の中から、抽選で豪華商品が当たります。特賞はバンコク-東京間のビジネスクラスペア往復航空券です。

現在 ANA はバンコク-東京間で 1 日往復 5 便をボーイング 787 型機で運航しております。今後も世界各国からのお客様のご要望にお応えすべく、引き続きサービスの改善に努め、更なる発展を目指してまいります。

ANA の地上係員によるフラッシュモブのダンス

ANA の地上係員によるフラッシュモブのダンス

ANA の地上係員によるフラッシュモブのダンス

ANA の地上係員によるフラッシュモブのダンス

搭乗客に配られたNaRaYa製ポーチとANAの記念品

搭乗客に配られたNaRaYa製ポーチとANAの記念品

2019年7月31日 タイ自由ランドWeb掲載

 

コメント

  1. 以前ANAのダンス動画を見たことがありますが、それからANAの人はダンスがうまいという印象があります。スワンナプーム空港では、いったいどんなダンスを踊ったのか気になります。