68才からの起業その36、所得税返却申請手順の紹介


68才からの起業その36、所得税返却申請手順の紹介

機会があって所得税(関税も同様)の返却申請を経験しました。この分野では、誰でも時間が長くかかり不満を持っています。 そこで、還付請求の役所内部の手順を紹介します。  

①受付
②審査で申請内容の判断をします。
③調査後に書類が回り企業へ立ち入り調査します。この部門で一番時間がかかります。
④還付部でその調査結果内容をチェックします。
⑤還付部の許可を受けた後、タイの中央銀行に対して還付許可申請を行います。
⑥中央銀行の許可後、国税局の還付管理センターに書類が回ります。
⑦国税局の還付処理センタへ書類が回るとここで、返却書類を作成して、小切手が作成されます。
⑧申請者に郵送される、という流れです。

以上の流れなので半年以上、おおむね1年位時間がかかるでしょう。どんなに急がせても、ステップがあるのでスピードアップできません。改善策として、中央銀行への許可は不要と思います。しかし、これも役所内での利権なので絶対手放さないでしょう。 法律やビジネスの相談は、下の広告を参照で。  

2017年12月20日 タイ自由ランド掲載

->タイ法律ビジネス コンサルタントのホームページ

-> 弁護士、裁判、訴訟、法律相談    

タイ法律ビジネス コンサルタントの広告

 


 

->弁護士の情報

->裁判と訴訟の情報