ビザ、滞在ビザ

KHCコンサルティングに 「タイで裁判」もお任せ下さい!

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

名称未設定-2

●タイ語が分からない!?   
海外生活で最初にお困りになるのが言葉の問題ではないでしょうか。思うように自身の言いたい事を伝えられない、相手の言っている事が分からないのはもどかしいものです。また誤って伝わってしまうと言うこともあります。日常生活の範囲であればそれほど大きな問題にならないかもしれませんが、いざ契約や交渉事などでは「間違った」では済まされなくなる場合もあります。弊社ではレベルの高い通訳がそのような場合のお手伝いをさせて頂きます。特に法律分野では専門性の高い通訳・翻訳業務も可能です。

通訳との日程調整もありますので、出来れば日程に余裕をもってお問い合わせ頂けると助かります。

●信用調査
タイの企業と合弁や取引をお考えの場合、当然相手企業の信用度に付いて調査する必要があると思います。過去には合弁先の業績を調査したら債務超過が発覚し計画を取りやめた例もあります。

●労務問題
海外でのビジネスで経営者が一番頭を悩ます問題が労務問題ではないでしょうか。タイはタイ人の気質もあって、比較的安定した労務関係の企業が多く、過激なストライキはそれ程多くはありません。ただそれでも残業拒否などのサボタージュや労働裁判所に提訴されるような小さな労働争議の案件は数多く事例があります。歴史的に共産党を非合法化してきたタイでは、その半面政府が労働者を極めて手厚く保護しています。ですので経営者は細心の注意を払い労務に取り組んでいく必要があります。とは言うものの、多くの中小企業では法務部もないし、総務人事の担当者がタイに赴任することもないと思います。KHCコンサルティングでは貴社の法務部となり会社設立時の就業規則作成から労働法に関する相談、そして問題発生時の対応なども請け負っております。

●法律・税務・会計など
日系企業の中には、タイの法律を知らないがために違法行為を行ってしまい、監督官庁の監査にあって初めてその事を知るという事が往々にしてあります。特に海外との取引や投資に伴う税金や支払に関しては最新の注意が必要です。トラブル処理以外にも付加価値税や源泉徴収税、所得税などの月次の税務申告代行や公認会計士の紹介なども含めたコンサルティング業務もやっております。

●婚姻手続き
国際化に伴って年々日本でも増えている国際結婚。ただその手続きとなると翻訳や認証など頭が痛くなるような複雑さに合わせタイ語の書類など一般の方には分かりにくくなっております。またタイの地方の役所などでは担当者が国際結婚の手続きの事がよく分かってない場合もあり、何度も足を運んだりと大変な目にあった方もいらっしゃるようです。タイ人との婚姻の方法は日本で先に婚姻手続きをとる場合とタイで先に取る場合の二通りの方法があります。どちらがよいのか一概には言えませんので個別にご相談下さい。離婚、相続、認知のご相談もお受けしています。

●コンドミニアム購入
タイで不動産を購入される方も随分と増えてきました。ただし外国人が購入する場合は色々と制約があります。土地付き一軒家の購入は不可能ですがコンドミニアム購入は可能です。ただし外国人所有は物件全体の過半数以下という制限もあります。またコンドミニアムを購入する資金は海外からの外貨送金に限られています。

「外国人にはタイの不動産は購入できないので名義を貸してあげる。」と言って近づいてくる詐欺師もいます。このような話を決して信用してはいけません!弊社に相談して頂ければあなたの名義での購入のお手伝いをさせて頂きます。また、何かトラブルがあった場合は是非弊社にご相談下さい。

下の広告も参照で。

2013年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

名称未設定-1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ビザ、滞在ビザ

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.