ニュース 高速鉄道 タイのニュース タイ国内交通網整備

高速鉄道は10月に工事開始で完成は2021年

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

高速鉄道は10月に工事開始、中国との共同事業で完成は2021年

バンコク~ナコンラチャシーマー(コラート)の253kmに及ぶ高速鉄道については、7月11日に内閣で承認され、この10月から工事が開始される。

結局、投資額1794億バーツはすべてタイ側が負担し、中国は技術などを提供することになった。

時速250㌔で600座席の鉄道で、90分ごとに出発し、バンコク‐コラート間は1時間17分で結ぶ。当初は1日5310人の乗客を予想しているが、現在、1日に2万人の人が行き来しているため、のちにはそれ以上の乗客を見込んでいる。

バンコク~ナコンラチャシーマー間の駅は6つで、バンスー、ドンムアン、プラナコンシーアユタヤー、サラブリー、パックチョン、ナコンラチャシーマーの各駅。

運賃はバンコク‐アユタヤが195バーツ、バンコク‐サラブリーは278バーツ、バンコク‐パックチョンは393バーツ、バンコク‐ナコンラチャシーマーは535バーツ。

工事は4つに分けて行われ、クラーンドン‐パーンアソークの3.5㌔、パックチョン‐クローンカナーンチットの11㌔、ケーンコーイ-ナコンラチャシーマーの119・5㌔、ケーンコーイ‐バンスーの119㌔。

完成は2021年を目ざしており、そののち、ナコンラチャシーマー~ノンカイは2022年のオープンを見込んでいる。

 

2017年8月5日 タイ自由ランド掲載

-

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ニュース, 高速鉄道, タイのニュース, タイ国内交通網整備
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.