宴会、パーティー向けの最強トップ20選!

タイのバンコクで宴会やパーティーに使える日本料理店や居酒屋、日本人向けのレストラン最強トップ20選を紹介します。個室がある店から貸し切りできる店、カラオケのある店、そのほか、食べ放題、飲み放題の組み合わせなど、予約はお早めに!

詳細はこちら

高架、地下で17駅を新設、来年末から工事開始へ!


高架、地下で17駅を新設、来年末から工事開始へ!

次々に交通網の整備計画が発表されているが、7月に内閣の承認があったのが、南パープルラインのタオプーン~ラッブラナの23.6km。事業費は1011億バーツにのぼる大型プロジェクトだ。すでに開通したパープルライン、バンヤイ~タオプーンの南側の路線。

特徴はチャオプラヤー川に沿ったように環状気味に回る線で、上表のように地下10駅と高架7駅の合わせて17駅が計画されている。

通りでは、サムセーン通り、そしてマハチャイ通りに入り、チャオプラヤー川を渡り、ソムデット・プラチャオタクシン通り、スックサワット通りを通る。

日本人にとっては、バンコクでもなかなか行きづらかった場所だけに、観光地気分で楽しめる路線にもなるだろう。

この10月には建設業者の入札を開始し、2018年9月には決定。工事は2018年末からで、完成は2024年5月を目ざしている。

なお、駐車場はバンパコックに1640台、ラッブラナに1359台などを確保する。

また、今後、内閣にはかる路線は4つあり、タイ文化センター~バンクンノン、バンケー~プッタモントン・サーイ4、サムットプラカーン~バンプーとクーコット~ラムルーカ―などとなっている。

 

2017年8月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->交通網の整備

 


 

->路線整備の情報

->タイのニュースの情報


コメント

  1. 行ったことのないエリアに鉄道網ができると、1回行ってみようかなと思います。線路ができる前にどんな感じの場所なのか見ておくのもなかなか面白そうですね。

  2. 南パープルラインが開通する前に、ブルーラインの延伸部分は完成しているので、トンブリ側はBTS、ブルーライン、パープルラインと鉄道網が張り巡らされて、どの方面に行くにも便利になります。