野良犬保護の施設を各区で

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

バンコク都によると、野良犬の放置やそのほえる声などの苦情が地域住民から多く寄せられており、都が保護する2カ所の施設、プラウェート13ライ、ウタイタニー200ライ だけでは十分ではなく、小型の犬などを保護できるセンターを1区役所に1つはほしい、としており、敷地は1ライ以上で、400頭以下を収容できるもので、その規模だと維持しやすく、保護も容易であるとしている。

ただ、選定されると地域住民からの反対の声も上がるなどで、まず、チャオプラヤー川向こうのトンブリー地区からセンター設置を進めたいとしている。

 

 

2020年6月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->タイのニュースの情報