郊外の一軒家は2700万~

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

郊外の一軒家は2700万~大手プロパティーパーフェクト社による不動産開発は、ホンコンランド社との共同プロジェクトで、チェンワッタナ通りから、チャオプラヤ川を渡ったホーカンカー通りで、「レイク・レジェンド・チェンワッタナ」を開発する。

同社によると、107ライで事業規模は54億バーツ。ラグジュアリーな一軒家となり、一軒2600万~7000万バーツの物件。将来的にはピンクラインの開通で、都心へのアクセスができ、クレット島にも近い環境のよい場所。

同地区は合わせて677ライの開発スペースがあったが残り、200ライとなり、そのうちの107ライを開発する。

同地区は合わせて5000世帯が一軒家、タウンハウスなどに住むようになり、広域の住宅地となり、シンガポールからのSISBインターナショナル校も14.8ライに建設され、2022年にオープンの予定。

2020年11月20日 タイ自由ランド掲載