医療、健康、漢方

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:身体の痛みは『筋膜』が原因

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

筋膜は全身に連なる、三次元的に連続した結合組織です。筋膜の動きが悪くなるとどういった影響があるのでしょうか。

まず、浅筋膜を形成する線維は疎性的に、緩く編まれているので、いろいろな方向に動くことができます。そして、ここに毛細リンパ管や末梢血管が走っています。ですから、浅筋膜の動きが悪くなるとリンパ系の流れが悪くなり、免疫系や代謝にも問題が出ることになります。
 

例えば、運動をするとき、なぜウォーミングアップが重要かというと、関節内の滑液のヒアルロン酸の温度が上がれば動きがよくなるからです。同様に、筋膜にもヒアルロン酸が分布しているので、身体をよく温めて筋膜の動きを確保することが重要なのですね。

表皮における浅筋膜には、触圧覚や熱などの外からの刺激を感じ取る外受容器があり、皮下の深筋膜には固有受容器が存在します。外受容器と固有受容器の感覚が入り交じらないように隔てるという役割も筋膜は担っています。

だから筋膜が硬く動かなくなると、受容器にも影響が起きてきます。  また、「力の伝達」も筋膜の重要な機能の一つです。深筋膜は筋外膜の上にあり、関節を渡って筋肉を覆っていて筋線維も深筋膜に入り込んでいます。ある筋肉で発された力は深筋膜を通じて関節や関節の先にある筋に伝達されるので、筋膜を通じて筋が連続して動いていく「筋膜連鎖」が起こるのですね。 身体が硬く動きが悪い方や痛みがある方は筋膜に問題があります。

ソイ33/1のジャパニーズ鍼灸クリニックでは筋膜による痛み、シビレ、姿勢、美容鍼灸に関するご相談や治療をしていますのでお気軽にお問い合わせください。日本人責任者が日本語で丁寧にカウンセリングいたします。また、初回の治療は半額のプロモーションも行っております。

2016年7月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> ジャパニーズ鍼灸クリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

名称未設定-10


 

->ジャパニーズ鍼灸クリニックの情報

->鍼灸治療の情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-医療、健康、漢方
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.