起業、会社設立、会計、経理

起業は見栄をはらずに最初は小さくやる - タイ バンコク タイ自由ランド

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

名称未設定-1

最近、タイ自由ランドの事業部には会社登記の相談で、飲食店を開きたい、マッサージ店を開きたい、というのが結構あるのですが、その内容を少し聞いてから「タイ人の名義でやった方がいいのでは?」とアドバイスしています。

今は競争が激しく、20年前のバンコクではありません。日本でマッサージ店をやっている、日本で飲食店をやっている、というのなら経験があるわけで、タイで会社をつくり店の展開をするのはよいと思います。

しかし、日本での経験がなく、タイで初めて飲食店をやる、マッサージ店をやる、という場合は、「投資金として1500万円を用意しています」という人は別ですが、「最初は小さく、タイ人名義でやった方がよい」ということになります。

たまに、「投資として2000万ほどはあるんだよねえ」という人がいますが、ほとんど見栄です。実際にそのお金があったとしても、全部投資して、さらに赤字になったら、追加で投資する、という人ではありません。

要するに見栄をはってはいけない、ということです。

同事業部では、会社閉鎖の業務も行っていますが、こういった日本での経験がない人が会社を起こして、いずれ店を閉じ、会社閉鎖するケースもあり、それは「夢を見た」という点で自己満足でもあるのでしょうが、客観的にみているとムダ金という感じです。

そのため、まず、自分のタイの知り合い、あるいは彼女などに店をやらせる、そしてうまくいけば、その時点で会社をつくればよいでしょう。

タイでは外国人に対しては、個人で店の営業等はできませんが、タイ人は個人の店舗営業が可能です。

まず、賃貸契約をそのタイ人の名前でやり、レストランの営業許可、マッサージ店の営業許可を区役所にそのタイ人が申請すれば取得できます。

わざわざ会社をつくって、営業許可をとり、毎月、税金を払う必要はないのです。

ただ、「どうしてもタイにいたいがビザがない」という場合は、会社をつくって労働許可証を取らなければなりませんが、ロングステイビザ(50歳以上)、結婚ビザ(タイ人との結婚)で滞在できるなら、必要ないでしょう。

2017年11月5日 タイ自由ランド改訂版

→ タイで起業、会社設立

→ 実際の会社登記

→ 実際の税務登記

→ Bビザ、就労ビザ取得

→ 労働許可証取得

→ Bビザ更新、労働許可証更新

→ 会社設立料金一覧

→ 毎月の経理をまかせる

→ 入管、税務署、警察などのトラブル処理

→ 失敗から学ぶ!タイでのケース

→ ロングステイビザの取得

→ 結婚ビザの取得

→ 家族ビザの取得

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-起業、会社設立、会計、経理

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.