ヨシダ不動産の「アパートマネージャーに訊く」第37回は「セティワン・シラチャ」


弊社お客様のお部屋を訪問しインタビューする「お宅拝見」と並行し、アパートレジデンスのスタッフにその物件のおすすめポイントを語っていただく「アパートマネージャーに訊く」のコーナー、第37回はセティワン・シラチャを紹介します。

シラチャは、近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ130kmの距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン、イースタンシーボード等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年に泰日教会学校シラチャ校が開校してから、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。
セティワン・シラチャはそんなシラチャ市街中心部のロビンソンデパートから徒歩約10分という便利な立地にあり、スクムビット通り沿いに2018年12月に完成した新築高層アパートメントです。バンコクで人気アパートメント、セティワンマンションを持つ同アパートオーナーがシラチャに進出した新プロジェクトとなっております。

今回はこのアパートのマネージャーのヌッチャリー・ラクサさんにお話をお聞きしました。

わたしたちの仕事

私どものセ物件のセールスポイントティワンシラチャは38階建てで、全部で228ユニットの部屋で構成しています。お部屋は2ベッドルーム(115~121平米)、3ベッドルーム(154~230平米)の2種類の部屋タイプがあります。スタッフは受付、メイド、セキュリティーガード、エンジニア含め、全部で約15名。ターゲットとなるのはご夫婦世帯、お子様のいる家族世帯の方。日本人のお客様は全世帯100%を占めています。まだオープンしたばかりなのでこれからお客様が増えていくと思いますが、日本人のお客様は部屋を綺麗に使ってくれるので、スタッフからもとても評判が良いです。

物件のセールスポイント

当サービスアパートには大きく3つのセールスポイントがあると考えています。

①すべての部屋がオーシャンビュー…シラチャの丘の上に立地しておりシラチャ市街とシラチャの海が見える抜群の眺望を誇ります。すべての部屋から海が見渡すことができ、広い間取りでゆったりと生活することができます。それと階層ごとに大きなバルコニーをもつ部屋があり、開放感がいっぱいです。

②リゾート地のオアシスを感じさせる共益施設…プールやフィットネス、サウナ、子供の遊び場などがあり、とても癒されます。それに当アパートの自慢として大きなテニスコートが一面あります。本格的にプレイされる型にはまたとない共益施設となっています。

③シャトルサービス完備でシラチャタウンを便利に移動できます…当アパートにはシャトルバスが2台完備してあり、ロビンソンデパート、イオンモール、アタラモール、サミティベート病院をはじめとする、シラチャのランドマークポイントに行くことができ、買物や食事など気軽に外出することができます。

以上、当セティワンシラチャへぜひ一度見学にいらしてください。

インタビューを終えて シラチャ支店マネージャー
窪田雄一郎

セティワンシラチャは2018年暮れに完成したばかりの新築の家族向けアパートです。
バンコクでサービスアパート経営に実績のあるセティワングループが運営していますので、安心して生活することができます。抜群の立地条件をもち、管理がしっかりしていてスタッフの対応が良いので安心してお客様をご紹介することができます。
お部屋は広めのレイアウトになっており存分にくつろげます。お部屋からシラチャ髄一の眺望が開け、景色がよく間取りが広くまとまっており、リビングルーム、ダイニングキッチンスペース、洗い場つきバスタブつきお風呂、とゆったりスペースに配置されています。ゆったり目のサイズの部屋でリラックスできるよう設計されているのです。
新築物件なので部屋は本当にきれいで家具調度品、内装具はすべて新しいので、気持ちよく生活することができることでしょう。
―・―・―・―・
「ヨシダ不動産」へお問い合わせ下さい。下の広告を参照で。

2019年7月5日 タイ自由ランド掲載

 


コメント

  1. タイ東部の工業団地に通う人向けのシラチャーの住まいの物件です。シャトルサービスがあって、シラチャーの主なランドマークへ送迎してもらえるというのはポイントが高いと思います。