ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第133回は「Mタイ タワー」

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第133回は「Mタイ タワー」

Mタイタワーの外観

Mタイタワーの外観

Mタイタワーの地図

Mタイタワーのエレベーター

Mタイタワーのエレベーター

Mタイタワーのビルの受付

Mタイタワーのビルの受付

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、133回目は、ワイヤレス通りのプルンチット駅徒歩5分に位置する高層オフィスタワーと高級ホテルの複合施設「オール・シーズンズ・プレイス」内にある「Mタイ タワー」を紹介します。

スクムビット通りが名前を変えてプルンチット通りとなるプルンチット駅界隈は、バンコクを代表する商業エリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、大使館、飲食店などが建ち並ぶエリアとなっています。

BTSプルンチット駅から徒歩5分の位置に高層オフィスタワー、ショッピングモール、高級ホテル(コンラッドホテル)を内包する複合商業施設、「オールシーズンズプレイス」があります。施設内には高級ブランド小売ブティックがあるショッピングモールや品揃えのよいトップスマーケット、銀行、レストラン、コーヒーショップなどがあります。

その中の2004年竣工の地上27階建ての高層オフィスタワー「Mタイタワー」に今回お邪魔しました。

まずビルをエントランスから入ると天井の高いロビーフロアとなっております。24時間セキュリティーガード付きの受付カウンターがありますが、ビジターはレセプションで身分証明を受けたあと、エントランスキーカードを受け取り、エレベーターゲートを通り目的階へ向かいます。セキュリティーは万全です。エレベーターホールは低層、高層の2種類にわかれており、エレベーターはサービスエレベーターを含めて計11台配置されています。オフィスフロアの天井高は2・7㍍mです。

さて今回見学したのは高層階にあるビジネスセンターのR社。1フロア1300平米の空間を1人の個人シェアオフィスから10人使用可能なオフィスまで約40ユニットあります。高層階にあるので各オフィスとも採光性は確保されています。窓のないオフィスは安価の設定となっています。これらの物件は、日本からタイへ進出したばかりのオフィスを準備中の先遣部隊の企業様に検討する需要があると思われます。立地条件の良いバンコクの中心街、プルンチット地区にオフィスを構えることを選択肢に入れてみるのもありかもしれません。

ヨシダ不動産の広告2020年1月20日 タイ自由ランド掲載