ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第129回は「MDタワー」


ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ第129回は「MDタワー」

MDタワーの外観

MDタワーの外観

バンナートラート通りのMDタワー

バンナートラート通りのMDタワー

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ129 回目は、バンナートラート通り沿いに建つ「MDタワー」を紹介します。

エカマイ方面からスクムビット通りをBTS線の高架下沿いに東南に走り続けていき、ウドムスック駅を過ぎて1kmほど行ったところを左折するとバンナートラート通りに入ります。この道路はバンコクとチャチェンサオ‐チョンブリー‐ラヨーンにまたがる東部経済回廊(EEC)を結ぶ幹線道路となっており、同通りにはバンナー・チョンブリー・ハイウェイも併設していて、タイの産業の大動脈の道路となっています。この沿線にはメガバンナー、バンコクモール、BITEC(バンコク国際貿易展示場)など、タイ有数の貿易商業施設が相次いで建設され、サムローンからラップラオまでのモノレールの計画も含め、周辺工業団地群とスワンナプーム国際空港、バンコク都を結ぶ中間地点として、タイ東部でもっとも発展が期待されている地域です。

バンナートラート通りに入り3kmほど行ったところにセントラルデパートやビッグCなどが建ち並ぶエリアがあり、その一角に今回紹介する1996年竣工24階建てのオフィスビルディング、MDタワーがあります。

空室となっているオフィス

空室となっているオフィス

エントランスホールには売店もある

エントランスホールには売店もある

ゲート付きでセキュリティー万全

ゲート付きでセキュリティー万全

エントランスを入るとエレベーターホールの横にレセプションがあり、そこで来社目的を告げ、身分証明書と交換に入館カードをもらいます。エレベーターホールにはゲートが設置してあり、エレベーターで目的階へ向かいます。エレベーターは低層用と高層階用各2台ずつ配備してありました。入り口には24時間ガードマンを配置しており、セキュリティーは十分感心しました。

今回は高層階にある133平米のオフィススペースを見学しました。2方向に広がるガラス張りの明るいスペースをもっています。眺望は開け採光性の良いスペースでした。天井高は2・5㍍。ビルは商業地区にあり、建物内には銀行やコーヒーショップ、コンビニエンスストアがあり、また近隣の商業施設で食事や買い物ができるので非常に便利です。

アクセスは基本的に自動車となりますが、最寄駅のBTSウドムスック駅からはタクシーか路線バスでの移動になります。またアソークから自動車でアクセスするときは渋滞を見越しても40分から1時間以内で到着する利便性の良さをもっています。

今後大いに発展が見込まれているエリアであり、この立地条件の良いエリアにオフィスを構えることは未来の可能性に投資することでもあります。ぜひバンコク進出のお客様はご検討をお願いいたします。

ヨシダ不動産の広告

2019年11月5日 タイ自由ランド掲載