小林ミシュラン 5つ星への道の第117回は「カスツーリ・レジデンス」


小林ミシュラン 5つ星への道の第117回は「カスツーリ・レジデンス」

バンコクで不動産仲介34年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第117回は「カスツーリ・レジデンス」を紹介いたします。

カスツーリ・レジデンスは、トンロー通りのソイ8を入って徒歩2分の位置に建つ2019年竣工した8階建ての新築アパートです。

当物件はトンロー通りのほぼ中心、トンロー・ソイ8にあります。周辺はコンビニエンスストアや飲食店が点在、24時間スーパーのフードランドまでは徒歩2分ほどのロケーションとなっています。スクムビット通りへは自家用車以外の移動では赤バスやシーロー、トゥクトゥクなどの交通手段を使わなければならないという不便を感じるデメリットがあります。しかし、それを補うため、BTSトンロー駅や各種スーパーへはシャトルサービスを利用することができます。 お部屋は60平米の1ベッドルームが7室、80~130平米の2ベッドルームが39室で構成されています。1ベッドルームは広さ60㎡と単身者にしては余裕の広さで、メイド週2回、インターネット、民放テレビが家賃込みです。

 

小林ミシュラン 5つ星への道の第117回は「カスツーリ・レジデンス」

気になる2ベッドルームは、広さ80㎡の夫婦向けサイズから、最大130㎡の小学生をお持ちの世帯でも余裕の広さがあるお部屋までございます。いずれのお屋も床が白タイルで外からの光をうまく利用した明るい部屋の印象です。

キッチンは、電気コンロ+オーブン、収納はごく普通の容量と言えるでしょう。水回りは電気式ウォーシュレット完備、すべてのマスターベッドルームのバスルームに洗い場が完備されております。収納の面では、玄関にストッカールームがあり、普段使用しないキャリーバックなどを収納できる設備が整っております。

共益施設は全て屋上9階に設置しております。東向きに配置されたプール、全面ガラス張りで採光性抜群のフィットネスルーム、室内・屋外の両方にキッズスペースが設けられております。さらに温泉(公衆浴場)が完備されております。予約制かすべてのテナント共有となるかは未定ですが、お子様から単身まで利用できる癒しの施設となることでしょう。

この物件を見学して実感したのは、物件の管理が行き届いており、スタッフのしっかりとした仕事ぶりに感心しました。トンロー駅までは距離がありますが、シャトルサービスやバイクタクシー、赤バスなどを利用すれば10分前後で着くので自家用車以外でも利便性は悪くないと思います。

あと、このアパートのオーナーはバンコクでのアパート経営が3軒目ということもあり、日本人のお客様への対応や必要なサービスは熟知されております。いずれの物件でもテナントからのコンプレインが少なく、退去時でのトラブルもございません。今後、経営がオーナーの息子へ引き継がれ、将来は10軒は管理したいとおっしゃっております。今後の活躍に期待ですね。

この家族向け新築アパート、小林ミシュランでは3つ星をつけています。

 

2019年1月20日 タイ自由ランド掲載

 

 小林ミシュランの広告