【マルサン木型製作所】砂型アルミ鋳造で少量対応

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

マルサン木型製作所のアルミ鋳造品の仕上げ作業

マルサン木型製作所のアルミ鋳造品の仕上げ作業

マルサン木型製作所の木型の組み付け作業

マルサン木型製作所の木型の組み付け作業

アルミ部品の試作開発で、こんな悩みはないでしょうか。

・年間500台未満の小ロット量産で、金型を起こすと費用が合わない
・金型を廃却してしまったが、再び製造することになった
・アルミ部品の試作開発と小ロットの量産を一貫して行いたい

「マルサン木型製作所」では、型設計から鋳造、熱処理にいたるまで、砂型アルミ鋳造に必要な工程の全てを社内で行っています。

試作メーカーでありながら、小ロットの量産品にも対応しています。国内工場でアルミ鋳造部品の試作開発、ベトナム工場で小ロット量産を行っているため、1台の試作から500台の小ロット量産まで、一貫して対応することができます。

500台ロット程度の生産量で金型を製作してしまうと数百万円に及ぶ金型費用により、初期投資が膨らみ過ぎコストが合わなくなってしまいますが、アルミダイカスト木型を用い、小ロット量産を高精度砂型鋳造することにより、小ロットのアルミ鋳造品では大きなコストメリットを提供可能です。

ベトナム工場で小ロット量産する場合、国内工場で木型を製作し、試鋳・検査(製品保証)まで行った完成したアルミダイカスト木型を輸出します。また、国内工場での試鋳時にアルミの温度や仕上げで切削する箇所、寸法公差などをまとめた指示書を作成し、木型と併せてベトナム工場へ輸出しています。

そのため、国内工場と同じ品質で小ロット量産が可能です。

同社のベトナム工場では、月100台や年間1000台などの金型を起こすには数が少ない、小ロット量産品を生産しています。

① 木型の輸出

ベトナム工場で小ロット量産品を製作する場合、まず日本工場でアルミダイカスト木型を製作します。
試作の場合と同じように、設計・木型製作・試鋳・検査(製品保証)を行い、完成したアルミダイカスト木型をベトナム工場へ輸出します。

日本と同じ品質基準を設けた木型で生産しているため、同じ品質で生産することができます。

② 生産

ベトナム工場の設備は、日本工場と同じであるため、日本工場で製作できる製品は、ベトナム工場でも生産できます。

③ 出荷検査

指示書通りに仕上げができているかや、輸送中に傷ができていないかなどを確認し、お客様へ発送しています。

コスト低減と品質の両立で安心。ダイカスト製品なみのなめらかな面粗度、
一般的な砂型鋳造では対応が難しいような寸法精度にも対応できます。

自動車・鉄道・産業機械・医療機器関連のアルミ鋳造なら、マルサン木型製作所にお任せください。

問い合わせは下の広告で。

マルサン木型製作所の広告

2020年6月5日 タイ自由ランド紙面掲載