短期滞在は14日の隔離なし

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

短期滞在は14日の隔離なし

徐々にタイにいる日本人も日本への往復を始めているが、タイではまだ、タイ人の帰国が続いており、7月6日もシンガポールから128人、韓国から200人、7日も日本から149人、上海から30人、北京から30人、8日も台湾から55人、香港から140人、エジプトから290人など。

一方で、中国からのビジネスマンなども7月7日に20人など、入って来ているが、14日間の隔離が行われている。

また、タイのバンコクはアジアのメディカルハブを掲げていて、医療のハブとして外国人の治療を行っているため、34カ国の3000人余りがタイでの治療を希望しており、長期滞在の場合、14日の隔離も自己負担で行いながら、タイでの治療にあたることになる。

アジアの富裕層などが主体で 、アセアン から1685人、中国389人、中東427人、アフリカ23人など。

一方、外国人で短期滞在の場合は14日間の隔離なしでの滞在が可能になっているが、条件等は徐々に緩和されている。

2020年7月20日 タイ自由ランド掲載