短期・長期出張の滞在に賃貸サービスアパート「リリーレジデンス」

バンコ短期・長期出張の滞在にサービスアパート「リリーレジデンス」クで開催される国際的な展示会の宿泊先として紹介されることもあるサービスアパート「リリーレジデンス」。

日本人が受け付けているので問い合わせも気軽に日本語ですることができます。

BTSウドムスック駅からも徒歩10分ほどでスクムビット・ソイ68の閑静な住宅街にあり、長期滞在にも住みやすい環境です。

単身者にも安心のメイドサービスは部屋の掃除やシーツ交換、ランドリーサービスなどが含まれてます。家賃は光熱費込みなので、電気代や水道代をわざわざ払いに行く必要もありません。

部屋タイプは37㎡のスタジオルームと50㎡の1ベッドルームの2タイプがあります。家賃は月3万5500バーツからとなっており、ご希望の方には、毎日の朝食を1ヵ月3210バーツで承っております。

バンナートラード通りや高速道路からも近いので、交通渋滞に悩むことなく、各工業団地へ行くことができます。

また、館内には日本語が通じるスタッフがいるほか、プール、フィットネスジム、レストランもあります。

2018年1月20日 タイ自由ランド掲載

–> サービスアパート「リリーレジデンス」のFacebook

->貸します情報

->賃貸アパート物件紹介

->賃貸アパートの仲介

-> 格安のアパート、マンション、サービスアパートなど賃貸物件情

 

サービスアパート「リリーレジデンス」の広告

 


 

 

->サービスアパートの情報

->賃貸アパートの情報

 

コメント

  1. 国際見本市など開催されるバイテックバンナーに近いので、イベント開催中に滞在する人も多いです。BTSでバンコク中心部へ行くのにも便利です。