ランチ 天丼 ランチセット 宴会、パーティーによい店 ランチならココ! てんぷらがおいしい店 日本料理店 居酒屋さん

生そばあずまはソイ49に3号店オープン!この9月にタニヤに4号店

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

生そばあずまはソイ49に3号店オープン!この9月にタニヤに4号店

今月ソイ49に3号店をオープンした生そばあずまは、さらに9月にはタニヤ通りに4号店を予定しています。

オープンしたばかりの3号店は、サミティベート病院の少し奥にある新築サービスアパートメントWORAの1階にあり、駅からは距離がありますが地下3階までたっぷり駐車場があるので、車でも行きやすいです。

全90席で小上がりが5つ、テーブル個室が3つあり、家族連れから駐在員の宴会まで幅広く対応できます。ソイ33の1号店と似た感じです。

9月のオープンを目指しているタニヤ通りの4号店は、初のシーロムエリアでの出店となり、シーロムのビジネスマンや旅行者がメインのターゲットです。

生そばあずまは、そば3玉まで同一価格が売りで、3玉頼んで子どもと取り分けて食べるのもOKという気軽さから、ソイ33の1号店、ソイ33/1の2号店では、子連れの家族も多く訪れています。

どの店舗も和風のインテリアながら、どこかカジュアルなファミリーレストラン風の雰囲気がありますが、50年の歴史を持つ生そばあずまを運営するウエスト社は、もともと気軽に来れるドライブイン・スタイルの飲食店としてスタートし、ファミリータイプのレストランを中心に展開してきました。「家族で楽しめる店」というコンセプトは、バンコクの店舗にも脈々と引き継がれています。

そばに天丼、かつ丼、かき揚げ丼などを組み合わせたセットメニューも多彩で、11時から23時まで通しで営業しているので、時間を選ばず食事処として利用する客も多いです。

また夕方5時からは、居酒屋メニューもあるので、平日の夜は仕事帰りの駐在員が多く、3号店では居酒屋メニューに加え串焼きメニューも登場します。

「そば・うどん」といえば、日本の代表的なメニューですが、タイではラーメンが、タイ人に爆発的に人気が出たのに比べ、そば・うどんは、徐々に浸透している感じで、うどんはタイ人向けに郊外に店を出すチェーン店もあります。

生そばあずまは、系列店の焼肉あずまに比べ、日本人の比率が高く、そばはまだタイ人には馴染みが薄いため、まずは日本人向けのロケーションでの出店となっています。

ウエスト社は、一昨年の12月に生そばあずま1号店をオープンし、焼肉あずまも含め2年弱で5店舗と、コンスタントに店舗数を増やしていますが、今後さらに店舗を展開していくとなると、タイ人客の取り込みも課題となるでしょう。

同社は九州を中心に、うどん、焼肉、そば、中華、ステーキハウスなどのチェーン店を約200店舗展開しており、ロケーションや客層に合わせ、いろいろな形態の店舗が可能なので、今後タイでどんな展開を進めていくのか楽しみです。

生そばあずまはソイ49に3号店オープン

2017年6月5日 タイ自由ランド掲載

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

生そば あずまの広告

クリックすると拡大してご覧いただけます


->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ランチ, 天丼, ランチセット, 宴会、パーティーによい店, ランチならココ!, てんぷらがおいしい店, 日本料理店, 居酒屋さん
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.