ころ太郎が行く!⑤ 狂犬病の抗体検査は Twinkleペットクリニックで

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

①ペットクリニックの受付

①ペットクリニックの受付

②狂犬病抗体検査を受けるころ太郎

②狂犬病抗体検査を受けるころ太郎

③この機械で血清を作ります

③この機械で血清を作ります

僕、愛犬飼育管理士、の息子のころ太郎です。

皆さん、知ってますか?犬も猫も日本に帰るためには必ず狂犬病抗体検査に合格することが必要だって。

タイはまだ狂犬病が発症しているから、日本みたいに狂犬病がない国に入国するにはとっても厳しい審査があるんだ。

それに狂犬病抗体検査に合格するだけじゃなく、正しい方法で狂犬病抗体検査をしないとその証明書が無効になる事もあるから要注意!

180日の係留期間が適用されて家族と一緒に日本に帰れないって事も‼

トウィンクルの病院では10年の経験がある僕の母の指導の元で狂犬病抗体検査を行なっているから安心なんだって。うちのお客様の犬猫ちゃんたちは何百頭もいるけどみんな無事に日本や他の国に入国出来ているんだ。すごいよね。

じゃ、今から僕が実際にトウィンクルの病院へ行って来ま~す。

病院の受付もトウィンクルのペットショップの受付と同じ場所だよ。(写真1)

ご予約は090-090-2825まで。日本語で話せます。

狂犬病抗体検査の日は必ずワクチン履歴とマイクロチップ証明書を持って来てね。書類に問題ない、って思っていても、鋭いうちの母のチェックで間違いや問題点が見つかる事も結構あるみたい。

さて、早速うちの病院で狂犬病抗体検査について先生にインタビューと思ったら、実際にやってみるのが一番わかるってぇ~。マジ⁉ (写真2)

ちくっと痛いけど、じっと我慢。我慢。

だいたい全部の過程が30分くらいでおわる。血液を早く抜き取ると正しい検査ができないからゆっくり血を抜かないといけないらしい。

採血の後、この機械ですぐに血清を作るんだ。(写真3)

そして正しいやり方で規定量を包装して保管してるんだって。

その後は、母が全てのプロセスを代行しています。

お客様は合格を祈って母からの連絡を待つだけ。

今日は狂犬病抗体検査のリポートするだけと思ったら採血されちゃったけど、それさえ乗り越えたら後は全ておまかせできるから、安心で楽チン。

是非、是非お申込みをお待ちしています。

Twinkle Pet Parkの広告

2019年12月20日 タイ自由ランド掲載