滞在30日延長に殺到

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

新型コロナウイルス(covid-19)に対するタイ政府の決定により、在留外国人で長期ビザを持っていない人などは、30日の延長申請に外国人が殺到しており、その緩和等も含めて、滞在30日の延長手続きについては、別途の場所で手続きを行っているので注意が必要。3月26日から実施されており、場所はチェンワッタナ通りからUターンしてムアントンタニーに向かい、イベント会場のあるインパクトのサンダードームの近くのイミグレーションとなる。

タイに滞在する外国人で、現在この状況で、国外に出ることが難しい人に対して、30日延長ができるようになっているので、イミグレーションで申請ができる。

滞在30日延長では、日本大使館からの滞在延長の理由の証明が必要で、そのほか、賃貸契約書や家主の書類等が必要。チェンワッタナのイミグレーションから分離して、ムアントンタニのインパクトのすぐそばで、チェンワッタナからバイクタクシーで10分ほどの距離。

2020年4月20日 タイ自由ランド掲載