ニュース 洪水 タイのニュース

洪水対策は8月から夜中に、スクムビットに排水管の付設

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

洪水対策は8月から夜中に、スクムビットに排水管の付設

バンコク都内では集中的な豪雨により、スクムビットの各地でも大洪水に見舞われているが、都知事によると、大きな被害を受けている8ヵ所でまずこの8月に工事に取りかかり、9月にも3ヵ所で工事を行うとしている。

具体的には、大通りの中央地下でのパイプジャッキング工法による排水管の設置や、スムーズに流れるための排水機能の整備など、昼間の渋滞に影響を与えないよう、夜の10時から午前4時までに行い、この工事は10~13ヵ月かかるとしている。

まず、工事を行う8ヵ所については、①スクムビット・ソイ21、②スクムビット・ソイ31とソイ・サワディー、③ ヤワラート、④ スクムビット・ソイ4、⑤ スクムビット・ソイ14、⑥ ナラティワート・ラチャナカリン・ソイ17とスワンプルー、⑦ パホンヨーティン通り、⑧スクムビット・ソイ107としており、そのあと、シーアユタヤ通り、ラマ6世通り、スクムビット・ソイ63、スクムビット・ソイ39でも行われる。

なお、洪水に見舞われている原因については、排水管が小さく、また古くなっており、スムーズに流れていないなど。また、コンドミニアムなどが建てられ、今まであった緑がなくなり、排水の逃げ場がなくなっているなどの状況がある、としている。

 

2017年6月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース


 

->タイのニュースの情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ニュース, 洪水, タイのニュース
-

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.