タイのニュース 起業、会社設立、会計、経理

法人税控除は利益30万バーツまで

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

名称未設定-1

デモの影響で、会社の売り上げが落ちているところもあるだろう。12月末の締めの会社ではこの時期、決算処理となるが、少し、気を付けたいのは、資本金500万バーツに満たない中小企業は、利益に対しての法人税控除額はこれまでの1~15万バーツから、1~30万バーツへとなっており、ちゃんとチェックして利益になっていても税金を払わなくてよいケースが増えるので、きちんと計算して処理したい。

利益が30万バーツまでの場合は税金なし。利益30万~100万バーツは15%の税金。それ以上は20%の税金となっており、この処置は2013、2014、2015年分の3年間。

例えば、1年の収入1000万バーツで1年の支出920万バーツで80万バーツの利益が出た場合、30万バーツまでは控除。残り50万バーツ×15%で75000バーツが税金となる。

一方、資本金500万バーツを超える会社では利益に対して一律20%の税金となっており、これは昨年と今年の2年間。のち2015年からは元の利益に対して30%の税金となっているので気をつけたい。

 

2014年2月5日 タイ自由ランド掲載

→ タイで起業、会社設立

→ 実際の会社登記

→ 実際の税務登記

→ Bビザ、就労ビザ取得

→ 労働許可証取得

→ Bビザ更新、労働許可証更新

→ 会社設立料金一覧

→ 毎月の経理をまかせる

→ 入管、税務署、警察などのトラブル処理

→ 失敗から学ぶ!タイでのケース

→ ロングステイビザの取得

→ 結婚ビザの取得

→ 家族ビザの取得

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, 起業、会社設立、会計、経理

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.