ニュース タイのニュース タイ国内交通網整備

BTSチョンノンシー駅の次はスックサーウィタヤー駅に

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

名称未設定-7

BTSシーロム線のチョンノンシー駅とスラサック駅の間に1駅「スックサーウィタヤー駅」を造る計画については、環境影響評価を経て、今年より建設が始まり、2019年にはオープンとなる見込みだ。

これは、BTSが建設されてから18年がたち、駅周辺の状況も変わり、特にビジネス街のサトン周辺はチョンノンシー駅に乗客が集中しており、新駅により乗客の分散をはかれるとしている。

今のサトン・ソイ12あたりに建設される見通しで、新駅により1日9500~12000人の乗客増が見込める。

建設費用は6億5000万バーツで、すでに建設請け負い業者等も決まっている。

また、BTSのアーリー駅とサパンクワーイ駅の間に同じように新駅「セーナールアム駅」を造る計画については、今後日程等を明らかにするとしている。

2017年8月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->交通網の整備


->路線整備の情報

->タイのニュースの情報

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ニュース, タイのニュース, タイ国内交通網整備
-, , ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.