起業、会社設立、会計、経理 ビザ、滞在ビザ

労働許可証の取得、更新で業務内容でひっかかるケース

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイで労働許可証を取るというのは比較的、簡単にできてしまいます。会社をつくって、税務登記をして、4人の従業員を揃えれば、それでOK。もっと難しいのかと思っている日本人も多いと思いますが、本当に簡単に取れてしまいます。

しかし、その労働許可証の中に書かれる職種については結構、制限があって、「その業種の許可証をまず持ってきなさい」と労働局ではいい、それをいろいろ関係部署で取っていると、かなり時間がかかってしまうため、やむなく、実際に行う職種とは少し違うものでまず労働許可証を取って、そのあと、ゆっくりとその業種の許可を取る、というのが一番スムーズにコトを運ぶやり方であるでしょう。

では、どんな業種で許可がいるのか。税務登記の欄に「レストラン」と書けば、飲食店の許可証をまず持ってこいと言います。これを取るのには3週間は少なくともかかるでしょう。それもちゃんと店ができていることが条件。そのほか、「マッサージ」と書けば、マッサージ店の許可証、「美容室」と書けば、美容業の許可証、さらに「輸出入業務」と書けば、輸出入の許可証。「機械の製造」と書けば工場の操業許可、はたまた「スポーツのコンサルティング」と書けば、そのスポーツのコンサルの許可証など。え?コンサルの許可証なんて、あるのでしょうか。日本から持ってきたものを日本大使館で英訳して提出すればOKでしょうか。こうなるともう、何となく言いがかり?という気もしてきます。

また、「インターネット上での売買」などと書くと、「その許可証」などと言ってくるケースがあるので「インターネットに許可証が必要ですか?」とあきれてしまいます。しかし、労働許可証が取れるのは、その労働局でですから、無視することはできません。

そのため、そういう許可証を必要とする業種はまず書かない。それでまず労働許可証を取って、それからゆっくり、その業務の許可証を取って、労働許可証内の職種を書き換えればよい、ということになります。

労働許可証を最初、取る際になかなか取れない人というのは、代行業者が許可証の必要な業種を書いて、それ以上前に進まない、という状態の時が多いのでしょう。「経験がないのか?」と言っても、次から次に許可証を必要とする労働局に対して、できるだけ、近い職種で労働許可証を取りたい側として、難しい攻防を強いられているわけで、代行業者の経験のなさ、とはまた少し違うかも知れません。

そしてここからが改訂版ですが、2017年現在、最近よくあるのが、税務登記簿に「輸出入業務」と書いていて、半年たち1年たち、その業務を実際にやっていないケースです。そこで労働許可証を更新する際に、通常は1年をくれるのですが、「半年」しかくれません。「業務に輸出入と書いているのに、その実績がない」というのがその理由です。その場合の対処法としては、①その業務を税務登記簿の業務内容から取り除く②おそらく近々、輸出入をやるかも知れないので、半年更新で我慢する、ということになります。半年更新といっても、更新ができないということではなく、半年ごとの更新で、少しわずらわしい、という程度なので、そのあたりを理解して対処するのがよいでしょう。

なお、労働許可証の取得、Bビザの取得、更新に関しては、下の広告内の電話までお気軽にお問い合わせ下さい。

2017年10月20日 タイ自由ランド改訂版

 

タイ自由ランドの広告

 

→ タイで起業、会社設立

→ 実際の会社登記

→ 実際の税務登記

→ Bビザ、就労ビザ取得

→ 労働許可証取得

→ Bビザ更新、労働許可証更新

→ 会社設立料金一覧

→ 毎月の経理をまかせる

→ 入管、税務署、警察などのトラブル処理

→ 失敗から学ぶ!タイでのケース

→ ロングステイビザの取得

→ 結婚ビザの取得

→ 家族ビザの取得

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-起業、会社設立、会計、経理, ビザ、滞在ビザ
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.