ヨシダ不動産のお宅拝見の第136回は、松本様「Rhythm Sukhumvit 44/1 」


 

リズム・スクムビット44/1の外観

リズム・スクムビット44/1の外観

プラカノンは、新鮮な野菜が手に入る食品市場や、ワーキングスペースとしても使えるWiFi完備のカフェ、24時間営業の日系スーパーに和食居酒屋などが建ち並ぶ、駐在員世帯に人気上昇中のエリアです。スクムビット・ソイ44はラマ4世通りとスクムビット通りをつなぐソイで、シーロム方面にも簡単にアクセスすることが可能なのです。加えてスワンナプーム空港やバンナー等東方面にもアクセスが容易で意外に利便性のよいエリアとなっています。

アソークまではBTSで10分弱と都心との距離もそれほど遠からず、かつローカルな雰囲気も味わうこともできるという多くの魅力を持つ地勢があります。リズムスクムビット44/1 はプラカノン駅のすぐ目の前に位置し、最寄スーパーまで徒歩2分、カフェや飲食店にも徒歩でアクセス可能という生活環境の整った立地にあります。今回はこのコンドミニアムにお住まいの松本様のお宅を拝見いたしました。

松本様のお宅に訪問

松本様のお宅に訪問

ホテルにも負けない環境と豪華な設備

ベッドルーム

ベッドルーム

以前の勤め先を退社し、バンコクにて新たなビジネスを始めることとなりました。今まではほとんどタイ国内に拠点を置き、日本にも年に一度帰るか帰らないかという生活を送ってきましたが、転職にあたり今度はタイと日本を1ヵ月に1度往復するという全く異なる生活スタイルになりました。今までは3万バーツ弱の家賃の中心地に位置するコンドミニアムに住んでいましたが、家賃をもう少し抑えたいという理由から今回引っ越しを決めた次第です。この部屋は立地が良いことはもちろん、低価格にもかかわらず非常にハイレベルなお部屋だったので、部屋を見た瞬間にここにしようと直感的に決めてしまいました。いわば「一目惚れ」という感じですね。入居当初は経年劣化による故障等もありましたが、今は修理を終え問題なく暮らすことができています。最近のバンコクのホテルは駅前の立地となると値段の抑えられた部屋はなかなか見つからず出張のたびにホテルを取るというのは面倒だと考えていたので、このような理想的な部屋に出会えて非常に嬉しく思います。

移動手段の充実度

この物件はプラカノン駅前にあり、徒歩1分でBTSを利用することができますので、車で移動できない際はすぐに電車移動できて非常に魅力的に感じました。タイは世界でもトップレベルの渋滞大国であることは身をもって経験しているので、尚更そう感じました。私は部屋探しをするにあたり、空港へのアクセスの良さもポイントとして重要な要素でした。人よりも多く飛行機を利用する仕事なので、駅前であっても渋滞で時間をロスするのは困ってしまいます。その点、プラカノンエリアは私のような人間には、ぴったりの場所でした。高速の乗り口もあれば、ラマ4世通りから空港に行くこともでき、意外にも交通面が整った場所というのには驚きました。おかげさまで仕事に支障をきたすこともなく生活できています。この点非常に感謝しています。また、私は使用することはありませんが、駅前にはバイクタクシーの乗り場もあり、バスの停留所があるのも魅力の一つではないかと思います。

進化するプラカノン

私がタイに初めて赴任したのは、今から15年以上も前のことです。当時のバンコクというのは、今とは全く異なる都市でした。BTSも開通したばかりで、今でこそ簡単にアクセス可能なバンナーなんて行こうものなら、車を使わないと行くことができなかったですからね。その頃のプラカノンエリアといったら、正直駐在の日本人が住むような場所じゃないという印象を抱いていました。タイ人と少しのバックパッカーのいる超ローカルなエリアという感じ。それが今では多くの高層コンドミニアムに日本人に人気なエリアだなんて、少し違和感があります。しかし、和食居酒屋や日系スーパーもあれば、ローカルな方たちの生活を支える活気づく市場があったりと、あらゆる顔が見ることができて面白いですね。何はともあれ今のプラカノンは日本人も問題なく住むことができますし、むしろ十分すぎるくらいかな?と思います。これからの進化にも目が離せませんね。

わたしがご案内しましたセールススタッフ 上井 宏輝

松本様はこのたびリズムスクムビット44/1のお部屋をご成約されました。低価格で空港へのアクセスが可能なコンドミニアムを探されているというご要望をいただき、同物件をご案内させていただきました。松本様の生活をより豊かにするよう今後とも全力でサポートさせていただきます。
―・―・―・
住まいのご相談は「ヨシダ不動産」へお問い合わせ下さい。
連絡先は下の広告をご参照下さい。

 

2019年9月20日 タイ自由ランド掲載