東京おでんの「トンロー食堂」はカウンターが特等席

東京おでんの「トンロー食堂」、カウンターが特等席

ホッと落ち着く居心地のよい居酒屋が「トンロー食堂」。トンロー通りのソイ20の近くで営業しており、店の戸を開けると、大きなカウンターが広がっていて、1~2人で来た時はこの特等席に座るのがよい。

そして、目の前に浸してあるおでんがこの店のメイン。汁の色からわかるが東京のおでんだ。よく味の染み込んだ大根から、厚揚げ、ふくろ、ゴボウ天、ヤリイカなど、どれも50~60バーツ。がんもどきももちろん自家製で、そのこだわりようは、日本人オーナーの店に対する想いにつながる。厳選した素材選びから、ひとつ、ひとつ、抜かりない料理となっていて、モツ煮込みや和牛カルビ串なども食べてみると、そのひと味違う味に、リピーターになる人が多いのだろう。

締めに食べた牛丼180バーツは、結構、ボリュームがあって、ちゃんとみそ汁もついている。やわらかいバラ牛肉がのっており、ごはんを食べ進むと、底の方には汁がちゃんと控えていて、このあたりの徹底したこだわりも常連客を引きつける理由だろう。

2~3階にはグループでゆっくりできる席もあるので、ぜひ、立ち寄ってみて下さい。

 

2018年1月20日 タイ自由ランド掲載

-> トンロー食堂のページ

->タイの日本料理店

->居酒屋さん

 

トンロー食堂の

 


 

 

->トンロー食堂の情報

->居酒屋の情報

->焼酎の情報

 

 

コメント

  1. カウンターは天然木の一枚板で、木のぬくもりを感じられます。幅も広くゆったりした気分でお酒や食事を味わえます。上階ではグループで楽しめます。