モールの大規模開発は未だ着工せず!


未だ着工せず! モールの大規模開発

サイアム・パラゴンなど、大手ショッピングモールを運営する「ザ・モール・グループ」の幹部によると、BTSバンナーの近くに開発予定の「バンコクモール」については、「遅い!という声があるが、時期を待っている状態」として、100ライに及ぶ土地での200億バーツの事業はまだ始動していない。

また、エンポリアム、エムクオーティエに続く3つ目のショッピングモール「エム・スフィアー」についても、まだ開発に着手していない状態だ。

そのほか、プーケットで開発予定の「ブルーパール・プーケット」は160ライの土地で、事業費も200億バーツの規模だが、まだ時期を見ている模様で、景気低迷による消費の不振などにより、同社の大規模開発は、待ちの状態が続いている。

 

2017年8月5日 タイ自由ランド掲載

->バンコクの開発

->タイのニュース

 


 

->大型開発の情報

コメント

  1. 新しいショッピングモールができたら、とりあえず行ってみたくなりますね。どんなレストランが入居してるかとか、トイレは最新のものをつかっているのかとか、そういうのが気になりますね。

  2. プロンポンはエンポリアム、エムクオーティエで十分ではないでしょうか。エム・スフィアーやバンコクモールなど、これから出来る大型モールは、メガバンナーのIKEAみたいな集客の目玉がないと厳しいかもしれません。