映画ロケ撮影で経費返却

映画ロケ撮影で経費返却、タイを世界にアピール

タイへの観光を増やす方法として、外国からのタイでの映画ロケの誘致、テレビ番組、ミュージックビデオ、ドキュメントなどの制作を奨励しているが、タイ観光スポーツ省によると、2017年は810のタイでの撮影があり、30億バーツの収入になっているという。

また、タイでの映画ロケ撮影などで、経費を返却することも行っており、アメリカ映画の「Changeland」「Triple Threat」が該当したとしており、両方ともタイでの費用は5000万バーツ以上にのぼっている。

こうした、タイでの撮影については、タイの観光のアピールや、タイの文化や習慣を世界の人に知ってもらえるなど。

また、撮影によるタイ人の雇用、タイチームの技術向上、スタジオーロケ地の使用でタイへの利益をもたらすとしており、タイ政府を上げて奨励している。

 

2018年7月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報

コメント

  1. 日本のバラエティ番組でもタイでロケをした番組をよく見ますが、テレビの制作費でも経費返却がOKだと、ますますタイでのロケが増えたりするんでしょうか? マニアックな場所とかの紹介も増えてきそうです。

  2. 映画やミュージックビデオなどの撮影での経費を返却しても、映画や曲がヒットしてくれれば、大きな宣伝効果が見込めるでしょう。各国で誘致合戦が激しくなってきています。