すずき不動産の新規コンドミニアム、日系企業が建設で安心、エカマイの「ザ ファイン バンコク」


日系企業が建設で安心「ザ ファイン バンコク」

日々、コンドミニアム建設に日系企業が介入して建築されていますが、またエカマイにサンキョーホームとケイハンリアルエステート共同で建築されています。目の付けどころは日本的で、最近オープンしたドンキモールが、直ぐ先に見えてしまう様な立地でもあり、日本食材の入手はお手軽になります。生活用品もひと通り揃いますが、徒歩圏内にディスカウントストアもあって、将来的に更なる発展が予想されます。

プラカノン方面にも向かいやすく、北に上がれば、モーターウェイで各方面にも行きやすくなっています。31階建の220戸極端に多い戸数ではないので、プライベート感や貴重度も有って、この手の物件は、後に希望者が多く出て来る事も有るのです。流行りはしっかりと押さえ、ルーフトップの展望スペースや31階のフィットネスルーム、30階のプールは半面以上を確保し、一面ウォーターフロアと化しています。定番のゴルフエリアやキッズルームも設けられ、あらゆる層にアプローチ出来る様にも考えられています。部屋割で小さな1ベッドは西側に集中させ、東側に少し広めの1ベッドで構成され、2ベッドはそれぞれの角に設けられています。1ベッドは35平米からありますが、バスタブ付きもあるのは、日本企業ならではないでしょうか。他の物件で標準装備は見た事がありません。女性や年配者に支持されることでしょう。それを踏まえて小さな1ベッドも、一部屋購入されておかれるのも、良いのではないでしょうか。貴重だと思われます。

すずき不動産の広告

2019年5月20日 タイ自由ランド掲載


 

 

 


コメント

  1. すずき不動産が紹介する販売物件ですが、これもエカマイでしかも日本の企業が手掛けるようです。小さめの部屋でもバスタブ付きにするのは、日本らしいですね。風呂付きを条件にする人も多いでしょう。