タイのニュース タイ関連情報

TCCグループの集大成、日本大使館横にアセアンの核

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

TCCグループの集大成、日本大使館横にアセアンの核

タイの大富豪、チャルン・シリワッタナパクディー氏率いるTCCグループによる、ルンピニナイトバザール跡地の開発が4月3日に発表された。となりに日本大使館もあり、注目度が高い場所。

アセアンのランドマークに、という同氏のことばの通り、TCCグループの集大成ともなる事業となりそうだ。

王室財産局の入札で3年前に入札で勝ち取った90ライに、さらに周辺の14ライをプラス、合わせて104ライに及び、そこに5つの高層オフィス棟、5つの高級ホテル、3つの高層コンドミニアム、ショッピングモール、カルチャーセンター、さらには50ライに及ぶ緑地スペースを整備する。名称は「ONE BANGKOK」。総額1200億バーツの事業費で、2021年にオフィス棟など、さきにオープンの見込み。

世界中で不動産事業を行うフレイザーズ社と組み、サービス等を行う。

同地は2014年から30年プラス30年の借地。TCCグループのチャルン氏は、チャーンビールのオーナーで、エカマイ・ゲートウェイなども持ち、不動産事業も展開する大富豪。高層オフィス等には世界的な企業なども誘致し、世界的なビジネスマンの集積のみならず、世界中の観光客も集める計画である。サイト www.one-bangkok.com

2017年4月20日 タイ自由ランド掲載

 

->タイ国内交通網整備

->バンコクの開発

->タイのニュース


 

->交通網の整備の情報

->大型開発の情報


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, タイ関連情報
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.