タイのニュース アパート、マンションの賃貸物件

日本人向けアパート賃料上昇

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

スクムビット界隈の新規コンドミニアムによる賃貸市場は、10%ほど上がっているという。

コンサルティング会社などによると、新規のコンドミニアムは、販売価格も12.5%アップしており、完成後の貸し出しにそれが影響しており、単身者や夫婦向けのスタジオ、1ベッドルームで、家賃は5万バーツ以下。家族向けの2ベッドルームでは家賃5万~7万バーツ。3ベッドルームでは12万~18万バーツになるという。

通常はタイ人が物件を購入して、日本人駐在員などに賃貸で貸し出すケースが多く、プロンポンやトンローなどは値段が上がっているため、単身の駐在員などはBTSのオンヌット駅やプラカノン駅方面、さらにはウドムスック、バンナー駅方面まで、賃貸の住まいの範囲が広がっている。

 

2017年120日 タイ自由ランド掲載

 

->タイのニュース

-> タイで不動産仲介のページ

 


 

->タイのニュースの情報

->不動産仲介の情報

->サービスアパートの情報


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, アパート、マンションの賃貸物件
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.