レジャー 高齢者 タイ関連コラム ロングステイ タイでロングステイ ゴルフ、トラベル、旅行

日本とタイ往復、JAL/ANAが多い!LCCで8000バーツのチケットも!

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本とタイ往復、JAL/ANAが多い!LCCで8000バーツのチケットも!

仕事で頻繁に日本とタイを往復する駐在員のほかに、自営業、現地採用、ロングステイなどでタイに滞在する日本人も、休暇や用事で年に1度か2度のペースで帰国する人が多いですが、航空券選びは、安さをとるか、快適さをとるか、時間をとるか、いろいろな要素が絡んできます。

ロングステイヤーのグループに聞いてみると、時間はあるので、時間がかかってもいいので安さ最優先という人と、定期的に帰るので、同じ航空会社を利用しマイルを貯めるという人に分かれました。

最近はインターネットで航空券を購入する人が増えていますが、ネットは苦手というロングステイヤーは多く、60代の男性は、航空券はいつも日系旅行代理店JTSで購入していると言います。

別の60代のロングステイヤーの男性は、JALの公式サイトに登録し、毎回そのサイトでチケットを購入しているそうです。

ネットに詳しくなくても予約が簡単なのと、直行便でJALが快適なので、ずっとこの方法にしているとのこと。

予約の際は、日にちを2〜3日ずらしながら、一番チケットが安い日を選び、いつも通路側を予約しています。

4月や盆、正月などのハイシーズンを避けると、料金は往復2万バーツほどですが、プロモーションでさらに安く買えるという話も聞くので、もっと安くチケットを買える方法があれば知りたいと言います。

30代の現地採用の男性は、機内で映画を観たいのでANAかJAL を利用しており、どちらも公式サイトから買っていて、半年ほど前からローシーズンのプロモーションを狙ってチケットを購入すると、往復1万5000バーツ〜2万バーツほどでチケットが買えるそうです。

年に2回日本へ帰るという50代の自営の男性は、いつもエアアジアを使っています。

エアアジアの公式サイトをよくチェックしていて、安いのを狙って買っているそうで、プロモーションを利用するとかなり安くチケットが買えると言い、スワナプーム~成田往復を、8000バーツで買ったこともあるそうです。

彼は朝発午後着の時間帯が好きとのことですが、他に聞いた人はみな夜発朝着の深夜便が良いと言っていました。

移動1日で無駄にしないし、寝ている間に着いてしまうというところが人気の理由で、深夜便の方が、値段が高めになる傾向があります。

30代の自営の女性は、よく帰国するので、エアアジアなどのLCCをよく利用するそうですが、いつもエクスペディアスカイスキャナーといった航空券比較サイトで買っているそうです。いくつかのサイトをチェックし、一番安いところで買うとのことです。

ネット上に航空券比較サイトは無数にありますが、今回の話を聞いた中では、航空会社の公式サイトで買う人が、意外と多いという印象です。航空券比較サイトには、航空会社が行うキャンペーン価格が反映されにくいようで、航空券比較サイトが、いつも最安値というわけではなく、航空会社から直接購入したほうが安いこともあります。

利用する航空会社が決まっているなら、公式サイトをまめにチェックして、プロモーションを狙っていくのがお得なようです。

前出のエアアジアのサイトを利用している50代の男性は、以前は3〜4か月前にチケットを購入していましたが、最近は最安値やプロモーションが出るタイミングを把握したので、2週間前などギリギリに購入することもあると言います。

航空券は安いに越したことはないですが、LCCだと食事が有料だったり、運べる荷物の重量が少なかったり、狭い座席、欠航になったときの対応など、不便な点も多いです。

めに払って快適さと安心を買うか、安いなら我慢してもいいと思うか、航空券購入の決め手は、人それぞれです。

また若い人でも、ネットでなく旅行代理店で買うという人もおり、機内の赤ちゃん用ベッドの手配など、いろいろなリクエストや相談に応えてくれる代理店の人気も根強いようです。

 

2018年6月5日 タイ自由ランド掲載

->タイ関連コラム

-> トラベル、旅行、ゴルフ

 

 


 

->トラベルの情報

->旅行の情報

->タイ関連コラムの情報

->ロングステイの情報

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-レジャー, 高齢者, タイ関連コラム, ロングステイ, タイでロングステイ, ゴルフ、トラベル、旅行
-, , , ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.