復刻版 社内タイ語事情:「急ぎでな!」

名称未設定-5

「ドゥアン」結構、このことばは会社の中で使います。タイ人従業員に指示を出すときに「急ぎで!」という意味で使います。

これだけだとちょっと素っ毛ないので「ナ」を付けて「急ぎでな!」という風に少しおだやかに、それでも念を押すように言います。「ナ」は語尾を上げ気味で発音します。

社内でタイ人従業員に内線で指示を出して、「持って来るように」といっても、なかなか持ってこない。10分ほどしてようやく持ってくる。日本では考えられません。

上司が「持って来い」と言えば、すぐに持ってくるのがあたり前。「顧客から電話がかかって来て」なんて言いわけは受けつけません。

しかし、タイでは間を置いて部下が作業をすることもしばしば。きっと、急ぎなのか急ぎでないのかわからないのでしょう。それにいちいち怒っていてもラチがあかない。

でも日本では上司が指示を出せば何を差し置いてもそれをする、というのが仕事の基本と教えられています。その仕事の基本を知らないのです。

いちからそれを教えてもいいのですが、本当に急ぎの時は「急ぎでな」といった方が確実。そういう時にこのタイ語を使います。

さすがに「急ぎでな」といえば、タイ人従業員も急ぎます。トロトロ時間をおいて作業をすることはありません。やればできるのです。そういう風に仕事をさせるよう、ことばの使い方をちゃんとすれば、こちらもストレスが軽減されます。

「急ぎ」といえばタイ語初心者でも知っている「レオレオ」ということばがありますが、これを指示の時に添えても十分にタイ人には通じますが、「ドゥアン」はそれよりも早いイメージです。「早く」と「急ぎ」の違いでしょうか。

この「ドゥアン」はよく告知などで使うことがあります。例えば、開店準備中の料理店の入り口に貼り出してあり「至急従業員募集!」などで「ドゥアン」を使います。また空き家になっている入り口の所に貼り紙があり、「至急売り」とあります。この時も「ドゥアン」。とにかく何をさし置いてもという時に使うことばで、社内のタイ人従業員に指示を出す時には非常に有効的なことばです。

 

2016年1月20日 タイ自由ランド掲載

★★ 関連リンク ★★

復刻版 社内タイ語事情:1年で病欠30日は権利?

復刻版 社内タイ語事情: 意図的にやって いるんでしょ?