ヨシダ不動産のお宅拝見の第134回は、川澄様「Civic Place」


ヨシダ不動産のお宅拝見の第134回は、川澄様「Civic Place」

川澄様のご自宅を拝見させていただきました

川澄様のご自宅を拝見させていただきました

ヨシダ不動産のお宅拝見の第134回は、川澄様「Civic Place」

スクムビット・ソイ55はトンロー通りと呼ばれ、バンコクを代表する繁華街としてたくさんの飲食店やブティック、商業施設などが存在します。スクムビット通りからペッブリー通りまでの約3キロの間にはソイ(小路)が20以上あり、ソイの中にはたくさんの高級アパートが建ち並んでいます。バンコクでもっとも外国人居住率の高いインターナショナルなエリアと言えるでしょう。シビック・プレイスは、トンロー通りソイ16を入り50メートルほどのところに建つ1995年築の8階建てサービスアパートです。近くにはJアヴェニューがあり、買い物や食事などに便利な立地となっています。今回はこのサービスアパートにお住まいの川澄様のお宅を拝見しました。

初めての単身タイ赴任

ジムやプール、きれいなロビーなどファシリティも充実しています

ジムやプール、きれいなロビーなどファシリティも充実しています

このたび初めてのタイ赴任が決まり、単身での滞在となったので、スタジオタイプまたは1ベッドルーム物件を探しました。場所は今後日本から妻が帯同する予定なので、日本人居住区であるトンロー・プロンポンエリアに絞って内見をしました。トンロー・ソイ16にあるシビックプレイスは、最近日本人専用医療棟がオープンしたサミティベート病院まで徒歩10分、トンローソイ55の道路を渡ってすぐのところにJアベニューという商業施設もあり、ここなら生活するのに便利だと思い決めた次第です。好立地であることの他に譲れなかった条件が、ダウンロード速度1ギガバイトのインターネットが取り付け可能な物件であったという点です。この独特な条件には担当の松井さんを困らせてしまったかもしれませんが、なんとかすべての希望条件が合う物件に出会えることができました。

お部屋はスタジオタイプで30平米とそれほど広くはありませんが、妻が来るまでの短期の1人で過ごす部屋なので、特にこだわりはありませんでした。お風呂、キッチン、ベッド等生活するのに最低限の家具家電があれば問題なし、といったところです。それよりもインターネットの速度が最重要事項でしたので、特に迷わず条件に合った部屋を選んだといったところですね。

サービスアパートで単身生活を満喫

すでにお話ししたように部屋探しをする上で最も優先した条件はインターネットの速度でしたが、結果的にサービスアパートメントというメイドサービス付きの物件に住むことができてうれしく思います。男性の単身世帯ですとどうしても掃除や洗濯は煩わしいものと感じてしまい、すぐに部屋が汚れてしまうのが実情です。ですが、この物件はコンドミニアムやアパートメントとは異なり週に7回のメイドによる掃除洗濯と、週3回のリネン交換が実施されますので、単身の私でも退去時は入居時と同じく綺麗な状態を保てるのです。

このようなホテル同然の暮らしをできるのはタイならではの不動産文化だと思いますし、非常に便利なサービスだと感じます。

加えて日本の番組を24時間見ることができます。これは正直内心驚きつつも嬉しく思いました。タイという外国にいながらも日本の情報がタイムラグなしで簡単に入手できること。やはり見慣れているテレビ番組を引き続き見ることができるのは嬉しいポイントですね。

わたしがご案内しましたセールス 松井公平

ご連絡を頂いた際、インターネットの1ギガバイトの速度が使える物件がご希望条件として挙がってきたときは、正直初めてのケースでしたので物件探しに苦労しました。結果としてシビックプレイスのスタジオタイプのお部屋をご成約いただき、満足していただけたので安心しています。今後とも川澄様のタイでの生活がよりよいものとなるよう全力でサポートさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

―・―・―・―・―・―
「ヨシダ不動産」へお問い合わせ下さい。下の広告を参照で。

 

2019年8月20日 タイ自由ランド掲載