タイのニュース

屋台撤去を次々と

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイ政府によるワイロ撲滅等で、街の中の屋台なども改善にさらされており、屋台で賑わうラムカムヘン通りでは、ラムカムヘン大学前などで通行の妨げとなっているため次々と撤去しており、9月末までに歩道での屋台を一掃する。

また、シリラート病院前でも、患者や見舞客などが行き来しにくいと苦情が絶えないため、周辺の20業者について9月末までの営業とし、それ以後は撤去するとしている。

一方、チャトチャク周辺でもBTSモーチット駅の階段口やMRT地下鉄の駅周辺でも9月15日までの営業とし、それ以後は300の屋台を一掃するとしている。

これら歩道上の屋台販売は区役所管轄であり、通常、1ヵ月500~1000バーツほどを区役所の担当官に払って営業しており、家賃を払っているわけではないため、以前から営業している業者が優先されるなど、不公平感もある。

2014年10月5日 タイ自由ランド掲載

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.