家族連れも楽しめる新しい食感の「喃風」のどろ焼き


家族連れも楽しめる新しい食感!どろ焼き

ソイ26の日本街1階にある喃風。駐車場がたっぷりあり、週末は家族連れも多く訪れます。店内は広々としており、明るく居心地の良い雰囲気です。

席に着くとテーブルの鉄板を暖めてくれます、ここにオーダーした料理を置くので、冷めずにアツアツで頂けます。

姫路名物どろ焼きが看板メニューで、どろ焼きとは、そのまま食べるのもよし、スプーンですくって、特製だしを付けて食べるのもよし、お好み焼きとも違い、もんじゃとも違う姫路発のご当地グルメです。

どろ焼きの「どろもちダブルチーズ(380B)」を試してみました。名前の通りどろもちチーズのチーズを2倍にしたもので、鉄板の上に乗せると、チーズの香りが立ち上がってきます。

表面はパリッとしていますが、中はトロトロ、超濃厚でチーズ好きには堪らない味です。そのまま食べると洋食風ですが、だしにつけると洋風とも和風とも言いがたい不思議な新しい味になります。とても濃厚ですが、だしにつけると意外とくどくなく食べやすいです。

お好み焼きの「もちダブルチーズ玉」もあります。

喃風では、どろ焼きの他にも、鉄板で焼く鉄板串焼きやオリジナルのサクサク揚げ物など、ビールやお酒のお供にぴったりなメニューもそろっています。

チキン南蛮(165B)は、軽い食感と程よい酸味のタルタルソースが、とてもマッチしていて、揚げ物ですがさっぱりした口当たりで、ビールが進みます。

喃風は姫路を拠点として、西日本中心に38店舗(一部関東) 展開しています。海外ではここ、バンコクでいただけます。車でのお越しの場合は、お店で駐車無料のスタンプを押してもらえます。

2017年11月20日 タイ自由ランド掲載

->喃風のホームページ

->喃風のページ

-> タイの日本料理店

 

喃風の広告

 


 

->お好み焼きの情報

->鉄板焼きの情報

 


コメント

  1. バンコクでは全国各地のご当地グルメを楽しめますが、兵庫県姫路市のどろ焼き食べられるのはソイ26の日本街店だけです。姫路のご当地グルメをぜひ、一度ご賞味ください。

  2. 喃風の店内

  3. どろ焼きというのは、バンコクで初めて知りましたが、食べてみると想像していたより、あっさりした口当たりです。店内はファミリーレストラン風で、家族連れでも入りやすいお店です。