店舗内装、工事、建築

安全・安心の内装工事は「コーサクセス社」まで

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

名称未設定-4

実は、私、今年本厄なのです。タイにも厄年の考え方はあるようですが、日本とは厄年になる年齢が違うようですので、ここでは日本の厄年という意味で捉えてください。

歳を重ねる毎に、何処其処が痛いだの、血糖値がどうだのと、不健康な話題が多くなりますので、否が応でも厄年であることが指摘されますし、気を付けろと言われます。ただ、私自身は正直、このようなものは単なる統計に過ぎない、あるいは加齢でおおよそ40歳前後に怪我や病気をするのは当然と思っていますので、大して気にも留めていなかったのですが…、一度厄年と指摘されると気になるものです。人間の性ですね。

実際、この本厄が来るまで、「厄年って何歳だっけ?」といった具合でしたし、昨年の前厄は全く気付かず過ごしておりましたが、今年は何が起こっても、「厄年だからかなぁ」などと思ってしまいます。確かに、今年に入って様々な事が起こっているのも事実で、つい先日は車の運転中に追突されました。渋滞中のことでしたので、大したことはなく、警察も保険も呼ばず厳重注意で終わらせたのですが、ムチ打ちの症状が後日出ても怖いので、一応現場写真と相手の免許証の写真は撮っておきました。

更に、その数日後、給油中に回りの人が騒ぎ出しました。何かと思って後ろを見ると給油口からガソリンが溢れ返っています。自動停止装置が壊れていたのでしょう。辺り一面ガソリンだらけになり、車もガソリンでビチョビチョです。慌てて走ってきた店員がガソリンでツルツルになった地面で滑ってコケ、車にドロップキック。一歩間違えば大惨事といったところですが、笑ってしまいました。

とにかく、何が起こるか分からない厄年です。特に、私の場合は仕事柄、電動丸ノコや電動カンナ、もっと身近なところではカッターや鋏といった刃物を扱いますので注意が必要です。職人でも指先を切って流血などというのは日常茶飯事なのですが、今年は特に、安全第一の現場を目指したいと思います。安全・安心の内装工事は「コーサクセス社」まで。

2015年4月5日 タイ自由ランド掲載

-> タイで食材卸し-店舗内装のページ

 

名称未設定-3

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-店舗内装、工事、建築

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.