タイのニュース 新規コンドミニアム

大手開発のLPN社が低~中所得者向け失速で、中~上層向け物件に転換

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

大手開発のLPN社低~中所得者向け失速、中~上層向け物件に転換

タイ人の低所得者向けのコンドミニアム等も積極的に手がけ、「1部屋89万バーツ!」などという広告も見かけることもあるデベロッパー大手のLPNディベロップメント社だが、同社によると、2年ほど前から、売り上げが目標に達していない状態で、今後はターゲットなどの方向転換をする、としており、今までの中~低所得者層から、中~上層の所得者向けを強化し、積極的に物件を提供していくとしている。

ここ2年ほど、中~低所得者向けの物件が、売り出しても売れ残っている原因について、軍の暫定政権になってから、こういった層の収入がそれほど伸びていない、と指摘している。

また、中~低所得者向けの銀行ローンが厳しくなっていて、拒否率も30%以上となっており、コンドミニアムを買いたいがローンを組めない、という人が多数いる。

そのため、同社では戦略を転換し、安定した需要がある中~上層のタイ人、また富裕層のタイ人向けに物件を売り出していくことにした。
今年は12件のプロジェクトを計画しており、収入の目標は200億バーツ。1月にはマッカサン駅近くの新規コンドミニアム「ルンピニ・スイート・ペッブリー~マッカサン」を売り出し、1部屋235万バーツから。1㎡当たり10万バーツからで、広さ23~61㎡。35階建てで、最上階はスカイラウンジやルーフガーデンが整備される。ペッブリー通り沿いで地下鉄ペッブリー駅から900m。事業費は24億バーツ。

ターゲットを変えても、依然、市場ではリーズナブルな価格で提供している。

2017年220日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

-> タイで不動産仲介のページ

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売

->貸します情報

->賃貸アパート物件紹介


 

->タイのニュースの情報

->新築コンドミニアムの情報

->コンドミニアム投資の情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, 新規コンドミニアム
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.