ホテルでない宿泊が30%の伸び、大手予約サイトのAgoda

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

ホテルでない宿泊が30%の伸び、大手予約サイトのAgoda

タイへの観光客は増加しており、そのうちリピーターなどはオンラインで宿泊の予約をしてやって来るのが一般的だ。

そのホテル予約サイトの大手、Agodaのロバート社長によると、タイで提供している宿泊の施設は91230件でそのうち、ホテルでないところは19180件にのぼり、これは2年前の6000件から3倍以上に伸びているという。

外国人旅行者も他と違う宿泊施設なども求めており、こういったシェアリングやエコノミーの宿泊施設は年間30%の伸びという。

また、民泊の大手Airbnbとの違いについては、Agodaはホテルも多く取り扱っており、選択の幅が広いのが違いだという。

ちなみに、タイ国内で宿泊の予約件数が多いのはパタヤ、プーケット、バンコク、ホアヒンーチャアム、サムイ島の順になっている。

また、国別で予約が多いのはタイ、中国、マレーシア、日本、韓国の順となっている。

 

2019年1月5日 タイ自由ランド掲載