タイのニュース レンタカー

地方行きのミニバン許可せず、マイクロバスへ切り替えへ

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の正月にタイ東部で、ミニバンとピックアップが衝突し25人以上が死亡した事故などにより、タイ交通省はミニバンでのバンコク‐地方行きの路線については7月1日より、マイクロバスに徐々に変更していき、今年末までには6431台のミニバンをすべてマイクロバスに変更することが発表された。

バンコクからの長距離移動では、それぞれのターミナルに大型バスが用意されているが、200~300㌔ほどの中距離移動では、ミニバンを使うタイ人も多い。これは、わざわざターミナルまで行かなくても乗れることや、便利で融通が効き、大型よりも早く到着し、また料金も比較的安いなど。

しかし、個人で運営しているバンも多く、運転手も十分に睡眠が取れていないなどの危険もあり、大事故につながるケースも多い。

このため、タイ交通省では14人乗りのミニバンから、20人乗りのマイクロバスへと切り替え、安全性を高めることを優先することになり、地方行きの6431台のミニバンの許可を随時、更新しない方針。

一方、バンコク都内を走る2771台のミニバンについては引き続き使用してもよいとしている。

ただ、地方行きのミニバンでも4000台以上が個人車であるため、高価なマイクロバスへの以降がスムーズにできるかが争点だ。

 

2017年1月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース


 

->タイのニュースの情報


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, レンタカー
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.