土地税導入で売買加速


土地税導入で売買加速

2020年1月から導入の土地税、建物税について、カシコン銀行の調査部によると、これにより、シーロムやスクムビットなど、評価額の高い地域で、土地を手放す人が増えてくるとしている。

特に先祖引き継いだ土地で、収入が多くない個人の人の物件について。

施行される税金については、農地では最大0.2%、住居では最大0.5%、商業では2%、遊休地では5%の税金が、評価額に対して毎年かかってくる。

 

2018年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. 遊休地の税率が一番高いのは、早く土地を売らせるためなのでしょうが、利用していない空き地を抱えている人がそもそもどれくらいいるのかの方が気になります。跡地は住居か商業施設ができるんでしょう。