宴会、パーティーによい店 中国料理店

中華料理店「紅燈籠(ホントンロン)」の名物『焼き小籠包』

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

中華料理店「紅燈籠(ホントンロン)」の名物『焼き小籠包』

手作りの小籠包が美味しいシーロムの上海から来た中華料理店「紅燈籠(ホントンロン)」。

1蒸篭注文すると、一口サイズの小籠包が5つ入ってきて、なんと5個で50バーツの安さ。女性でも1人で全部食べられる量なので、メインの料理のほかに1人1蒸篭よくばりたい。小籠包といえば、上海発祥といわれており、小さめの皮に包まれた餡は、肉汁もたっぷりで素朴な味わい。

そして、もうひとつ、バンコクでは、おそらく同店でしか食べられない「焼き小籠包」は、通常の小籠包を独自の調理法で蒸し焼きにした料理。こちらは1皿10個100バーツ。

皮の下側はこんがり焼き目がついていて、上部はふっくら。出来立てはアツアツで、そのまま口にいれると火傷をしそうなので要注意。

箸で割れば、「サクっ」と表面の割れる音とともに肉汁があふれ出す。生地はサクサク、ふわふわ、パンのような不思議な食感で、餃子や肉まんとも違う初めての味わい。肉汁が生地にいい具合に染み込み、日本で出したら流行りそうな味。

そのほか、炒めものは1品100バーツ代で、ちょっと豪華な「ラム肉の炒めもの(300バーツ)」「蒸し魚(350バーツ)」、「牛肉の鉄板炒め(180バーツ)」などもある。

自家製あんまんは普通サイズで1個なんと10バーツの安さ。肉まん、野菜まんもあるので、デザートやお持ち帰りにも最適。

場所はスリウォン通りからすぐの場所。

 

2016年6月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 中国の家庭料理の店「紅燈籠」のページ

-> 中国料理店

 

名称未設定-12


 

->紅燈籠の情報

->中国料理の情報

->小籠包の情報

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-宴会、パーティーによい店, 中国料理店
-, , ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.