タイのニュース

吉野家がデリバリーも重視

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイのバンコクでは日本料理店の競争が激しいが、セントラルが運営する牛丼の「吉野家」は、タイ人向けに200バーツまでのセットなどを提供しているが、今年中に3~4店舗増やし、今年末までにはタイで20店まで拡げたいとしている。

 最近ではfoodpandaと提携し、デリバリーにも力を入れている。同サイトを見てみると牛丼は115バーツ、豚丼は95バーツ。そのほか、からあげ丼、てりやきサーモン丼、ポークカレーなどがあり、デリバリーにしては結構、リーズナブルな料金だ。

foodpandaで他に注文できる日本料理店では、大戸屋、オイシ、ブラウン・アイズ、オム、ペッパーランチ、さぼてん、ばさらかラーメン、毘沙門、金城、大勝軒、豚丼とかち、ひな家などがある。

2015年6月20日 タイ自由ランド掲載

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.