タイ関連コラム

原宿のウィーンボンボン

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

年を取ってくると、むか~しのことを思い出します。特に印象に残っているのは「イメージ」「場面」ですね。1963年生まれですが、大学に行くのに東京に出てきて、その学校が原宿にあって、いろいろ歩いて開拓しましたね。1年からアルバイトをして、原宿でもやりましたね。

イメージです

ある時、交差点のロッテリアから渋谷方面に行ったところにウィーンボンボンという店があって、カウンターだけの店で、そこで食事を何度かしました。1人で食べ歩きする人だったので、外から見てカウンターにだれもいないとき、その店に入って、マスターのおじさんと話をして、ゴハンも食べました。自分だけの店を開拓するっていうんですかね。料理もおいしくて、バクダン何とかというのをいつもたのんで、牛肉が巻いてあって、中は玉子。それがドミグラスのスープに入っていて、小さな1人用の取っ手がついた小フライパンで出てきて、ごはんは別途。650円ぐらいで、学生で予算があったので、それぐらいの値段のものが精いっぱいですね。そうすると、もう1つ、シチューを付けてくれたりね。それもウマイの。いい店だったので、友だちを連れて来たんだけど、気に入らない人もいましたね。ゴキブリがテーブルにいるぞ!って。

だから、いつも1人で通っていてある日「土曜日にアルバイトしてくれない?」と言われ、土曜日のみ、アルバイトをしました。普段の日は青山学院の学生がやっているようで、私は土曜日のみ。1日5000円で昼夜メシ付き。カウンターで6、7人が座れる店で、デンとおやじさんがカウンター内で座っていればいいんだけど、何かと素材や調味料が必要になって裏から外に買いに行くので、その際に店番がほしいんでしょう。

1年のときは、池袋の南口?の西武横にある森永ラブでバイトをやっていて、フィッシュバーガーに入れるタルタルソースに感動していたんですが、このウィーンボンボンのレシピにもいろいろ感動しましたね。

牛肉のサラダ1000円。牛肉を蒸して、さっと野菜にからめ、カウンターに置いてある特製ドレッシングをかけて食べます。これがウマイ!ドレッシングは実は、市販のものだったんですが、当時は和風のやつは、まだ一般的ではなくて、それを牛肉にかけて食べるという・・・何となく客はだまされるんですね。小さなカウンターの雰囲気とか。いきなりカウンター越しから出てくる料理とかに。簡単な料理だったんだけど、メインの牛肉のサラダは、すでに出来上がったお皿のまま冷蔵庫にいくつか入れていて、オーダーが入るとそれを出してきてドンと出す。あっという間に出てくるんだから、客は驚くよね。そのあと、火にかけた小フライパンのバクダンもついていたかな。それにゴハン。サービス旺盛なのか、そういうメニューなのか、客はよくわからなかったと思うね。安岡力也の弟子とかもよく来てましたね、場所柄。当時はやっていた横文字系の職業の人が多かったな。近くで働いている人。

この店で感動した料理はいろいろあったと思うんだけど、はっきりとは思い出せないんだけど、昼前に出勤して、おじさんが肉屋の卸から仕入れた豚肉をスライスするんですね。それをパン粉につけてさっと揚げる。それをしょうゆを垂らして、まかないで食べるんですね。薄いんだけど、ゴハンと食べると不思議にウマイ。簡単につくっているんだけど、ウマイ。バクダンも、玉子を覆うようにひき肉等をかぶせ、それを牛肉で巻くんです。つくるのは簡単でしたね。

土曜日にバイトしてるから、来てよ!と友だちに言っていて、来てくれたんだけど、「あのシチュー、固形のクリームシチューでしょ?」といわれ、そうなんだよね、固形も使っていたけど、すべてじゃないんですよ。うまく自己流にまぜてね。何を使おうと、おいしいものはおいしい。そういうワザを持っていた人でした。

夜の10時ごろ、人も来なくなって、きょうはいいよって、5000円もらって、店を出て、原宿駅の方に向かい、電車に乗って巣鴨まで行き、そこから歩いて白山まで行く途中の、モスバーガーによって、ハンバーガーをオーダーしてずっと待っているのが常でしたね。

ある日は、マスターが機嫌がよくて?店が終わると、サウナとかに連れていってもらいましたよ。あと、新宿のうどん屋とか、天ぷら屋さんとか。どれも名店のようで、雰囲気がちょっと違うというか。今思い出しても、詳しくどこか思い出せないんだけど、新宿3丁目とか、2丁目とか。でも、うどん食べても汁が黒くって、なんや、関西のうどんの方がずっとうまいんじゃん、と思いましたね。大使館のコックをやっていたというので、有名店をよく知っていて、そこのオーナーとも顔見知りで。サウナのときは、この人ゲイかな、危ないかも、と思いましたけど、何もなかったですね。

ある日、客で行った日は、5人くらいで行ってそのうち女性は2人。その1人の誕生日だったんですが、店内を暗くして、それぞれのワイングラスに、フワッと青い火がともって、ウワッて、とっても感動的で、こういうワザがうまいなって思いましたね。幻想的な感じを演出してくれて、その時のイメージが何となく残っていますね。簡単にそういうことをやってくれる人で、いろいろ経験してきて、余生をゆっくり、マスターとして過ごしている、という感じでしたね。身内もいないようで、私のイメージとしては1人でアパートに住んでいる感じでしたね。というか、着替えに帰ったりしていたので、近くでアパート住まいというのはわかりましたね。あの屈託のない笑顔はなかなか忘れられないです。

私がバイトをしていたのは、19のころだから、35年前ですか。ふっと思い出して、ウィーンボンボンで検索すると、いろいろ出てきたので、懐かしくなって、自分でも書いてみました。

京都出身で、今はタイで、東京にはもう10年近く前から行っていないけど、原宿をまた歩きたいですね。ウィーンボンボンがあったところも。何もなくなっているとは思うんだけど、その場所に立てば、あの時のあの店があった場所だよね、と自分1人で懐かしめるのは、記憶の確認ですね。

なんで確認しなくちゃいけないの?

いや、それが私のたどってきた人生なんですよ。

(ohmae)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイ関連コラム
-

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.