ペット、子犬

危険な暑さからペットの愛犬を守るいくつかのコツ

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

危険な暑さから愛犬を守るいくつかのコツ

危険な暑さから愛犬を守るいくつかのコツ

 

皆様いかがお過ごしですか。常夏のタイでもこれからが最も暑いシーズン。私たち人だけでなく犬も熱射病や日射病を引き起こしたり夏バテになりやすい時期です。今回のコラムはそんな危険な暑さからペットの愛犬を守るいくつかのコツをお教えします。

①適正体重をキープする…肥満は色々な疾患の原因になりますが、体脂肪は体内の熱が放散されにくく熱射病や日射病を引き起こしやすくなります。食事と運動を管理して適正体重をキープしましょう。

②室内の温度は26℃から…28℃、湿度は50%か60%ぐらいで冷やしすぎもよくありません。また空気を循環させるために安全を確保した上で窓を少し開けたり扇風機を併用すると快適な環境になります。

③ハウスやベッドは日陰の風通しのよい場所に…一日を通して窓からの直射日光が当たらず風通しのよい場所に置きましょう。ただしクーラーの風が直接来ない場所に。ベッドはすのこ状のものの上に置くと床との間に空気層ができてより快適です。

④わんちゃんが自分で涼が取れるものを…凍らせたペットボトルや保冷剤を入れた金属製のお菓子の箱などをサークル内やわんちゃんの行動スペースに置くとわんちゃんが暑いと感じたときに自分で涼が取れるのでおすすめです。

⑤飲み水はいつでも新鮮なものを…最低でも1日に2回は交換し新鮮な水を与えましょう。給水器は衛生的ですがこの暑い時期は水分補給が十分できるボウルの水も併用し、特に留守をする時は飲み切りやこぼしの可能性も考えて複数設置しましょう。

⑥散歩は早朝に日陰を選んで…散歩は気温が上がる前の早朝に。夕方以降は気温が下がっても地面が暑いので地面の温度をよく確認してから行くようにしましょう。コースはできるだけ土や芝の多いところで日陰を選んで歩くようにしましょう。

⑦散歩やキャリーでのお出かけはこまめに水分補給と休憩を…散歩時は15分に1回程度は休憩し水分補給をさせましょう。キャリーでのお出かけもキャリー内が暑くなるのでこまめに水分補給をし併せて中の空気の入れ替えをしましょう。バッグの中敷の下に保冷剤を入れるのもおすすめです。ただし誤食に気をつけて。

⑧散歩やお出かけには凍らせたタオルを携帯して…タオルを湿らせて凍らせたものを携帯し、時々それででおなかや体全体を包むようにすると熱射病につながる体温の上昇を防ぐことができます。

⑨コートのカットは体の部分や環境に合わせて…コートを短めにすることは暑さ対策のひとつの方法ですが、地肌が見えるほど短いコートは直射日光や外気の影響を直接受けすぎるので注意。特にお散歩をするわんちゃんで小型犬や足の短い犬種は地表熱を直接受けるので、おなかのコートはそのまま残すようにしましょう。

今回のコラムは危険な暑さから愛犬を守るコツをお話しましたが、来月には雨季に入り湿度もぐっと上がるので、熱射病や日射病だけでなく皮膚疾患にもなりやすい季節になります。コートやスキン、耳のお手入れ等いつも以上にケアが大切になります。そんな季節に合わせて「わんわんらんど」では5月いっぱい、シャンプーコース(わんわんらんど通称Aコース…シャンプー、耳掃除、爪切り、肛門腺絞り)をプロモーション価格(チワワ180バーツ、トイプードル225バーツ他犬種別料金設定です)でご提供しております。ぜひご利用ください。

最後に現在「わんわんらんど」のパピーコーナーでは黒のトイプードルの子やオレンジ系のポメラニアンの子が新しい家族との出会いを待っています。確かな小型犬をお探しの方、ぜひご来店ください。

2015年4月5日 タイ自由ランド掲載

-> タイでペット-犬

 

わんわんらんどの広告

わんわんらんどの広告

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ペット、子犬

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.