タイ関連コラム

「キングパワー・ランナム」は今年1月に全面リニューアル・オープン

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

「キングパワー・ランナム」は今年1月に全面リニューアル・オープン

国内に複数の店舗を展開している免税店「キングパワー」。免税店といえば空港を思い浮かべますが、ランナム通りにあるガラスのドームが印象的な「キングパワー・ランナム」は、今年1月に全面リニューアル・オープンし、ツーリスト向けの免税店というだけでなく、さらに幅広い層の人たちが楽しめる要素をプラスした、エンターテイメント性の高い施設になっており先日、実際に行ってみました。

免税店といっても空港のものとは、扱っているブランドの数も建物も規模が違い、高級デパートという雰囲気があります。リニューアル後は、さらに店舗面積が広くなり、ゆったりと買い物が楽しめるようになりました。

「キングパワー・ランナム」は今年1月に全面リニューアル・オープン

 

「キングパワー・ランナム」は今年1月に全面リニューアル・オープン

 

1階から3階まで、各フロアに特色があり、1階は、プラダ、フェラガモ、バーバリーなどの高級ブランドが中心。サングラス売り場は、アジア一の品揃えです。

2階はコスメと時計とカジュアルなファッションのフロア。

コスメは海外有名ブランドだけでなく、タイのディヴァーナやハーンなどのブランドもあります。また免税店か機内販売でしか買えない希少なものも購入できます。

キングパワーは、岡崎選手が所属するサッカー・プレミアリーグ「レスター・シティ」のオーナーでありレスター・シティのグッズ売り場も2階にあります。

キングパワー・ランナムで、免税品を買わなくても利用価値が高いのは、フードコート「タイテイスト・ハブ」と一村一品運動の工芸品などを扱うOTOP専門店、ジムトンプソン、雑貨・菓子販売店がある3階でしょう。

タイテイスト・ハブは、タイに数あるフードコートの中でも、最強のラインナップといえる程、タイの魅力のひとつであるストリートフードの名店が集まっています。

出店している17店舗は、パッタイ、カオマンガイなど、どれもタイを代表する庶民の味が人気で、本店では長い行列ができる店ばかり。

値段は普通のフードコートより若干高めですが、これだけの名店の味を、並ばずに涼しく清潔な店内で楽しめることを考えれば、けして高くはないです。

3階にはステーキ店「エルガウチョ」、ラーメン「なんつッ亭」、タイ料理「ナラ」などのレストランも出店しています。

菓子売り場は、豊富な品揃えで、たくさん試食できるのがうれしいです。

急な帰国や出発が近づいて、慌ててお土産を探す時なども、義理的な土産は、ここで揃ってしまうでしょう。

キングパワー・ランナムで販売されている商品は、水色の値札のその日に持ち帰れるものと、白い値札の空港で受け取るものと2種類に分かれています。

3階の商品は、ほとんどが持ち帰れる水色の値札です。その他、タイのコスメ、アロマ、サングラスなども、水色の値札が多いです。

白い値札の商品は、出国予定がないと購入できず、空港受け取りとなります。 購入日から60日間も空港で預かってもらえるので、帰国日が決まったら、かなり前から免税ショッピングを、楽しむことができます。

街中にも免税をうたった店がありますが、街中で免税されるのは消費税だけ。キングパワーでは、消費税だけでなく関税もかかっていないので、同じ商品であれば確実に安いです。

またキングパワー・ランナムを利用すると、空港まで無料のシャトルバス・サービスを利用できるので、帰国日は、ショッピングを楽しみ、シャトルバスを使うのもお薦めです。スーツケースを預けられる大きなロッカーもあります。

出国当日は、購入時より6時間後から空港で受け取り可能です。

キングパワー・ランナムで免税品を購入するには、ショッピングカードの登録が必要で、パスポートを提示します。

ショッピングカードの登録をすると、店内で使える割引券がもらえますが、さらに割引が欲しい人は、キングパワーのメンバーになると、より多くの優待を受けられます。

メンバーのグレードによって割引率は違いますが、だいたい5~20%ほどオフになるので、よく日本から友人や顧客が来る人とか、海外へ行く回数が多い人は、メンバー割引きを上手に使うと、かなりお得にショッピングができます。

免税とかブランド品に興味がなくても、雑貨やお菓子など、帰国時のお土産を買いに、ふらっと立ち寄るのもOKです。

 

 

2018年5月5日 タイ自由ランド掲載

->キングパワーのホームページ

->バンコクの開発

->タイ関連コラム

 

 

 


 

 

->タイ関連コラムの情報

->大型開発の情報

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイ関連コラム
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.