不動産開発は地方がねらい目?- タイ バンコク タイ自由ランド


スクムビットなどでも大型プロジェクトでコンドミニアムを建設している大手ディベロッパー「スパライ社」によると、来年は地方での開発を加速させたいとしている。

バンコクは同業者の競争が激しくなっており、その一方で地方ではまだ競争が起こっていないという。

また、建築資材費もバンコクと地方で大きな差があった以前と比較し、今はほとんど同じ値段で購入でき、さらに建設労働者も雇いやすいとしている。これは1日の最低賃金が全国一律300バーツとなり、地方に帰る人が増えたためだ。

開発では、チェンライ、ピサヌローク、ナコンサワン、ブリラム、マハサラカム、チュムポン、ナコンシータマラート、アユタヤ、ナコンパトムなどを検討している。

2013年11月5日 タイ自由ランド掲載