毎回違うテーマ、実習で考えるのが楽しい、下川裕治氏の「作文教室」


毎回違うテーマ、実習で考えるのが楽しい、下川裕治氏の「作文教室」

毎回、違うテーマで先生の説明を受け、実習を行います。宿題が出ることもあります。テーマは、①文章の構成の仕方(読者を惹きつける面白い文にするには)、②使える言葉を増やす練習(たとえば「出す声」の表現にもいろいろある。「湿った声、トゲのある声、含みのある声、消え入りそうな声、少女のような声…」など使われる場面を自分で想定し、文章を作り発表し、講評をしてもらう)などなど。

休憩時間には、下川先生が世界を旅した体験談も聞けます。

日時:月2回(不定期、それぞれ午前の部と夜の部がある)
場所:BTSオンヌットの近く
参加費:1回1,000バーツ
問い合わせメール:bkk_sugiyama@yahoo.co. jp

 


毎回、違うテーマで先生の説明を受け、実習を行います。宿題が出ることもあります。テーマは、①文章の構成の仕方(読者を惹きつける面白い文にするには)、②使える言葉を増やす練習(たとえば「出す声」の表現にもいろいろある。「湿った声、トゲのある声、含みのある声、消え入りそうな声、少女のような声…」など使われる場面を自分で想定し、文章を作り発表し、講評をしてもらう)などなど。

休憩時間には、下川先生が世界を旅した体験談も聞けます。

前回のテーマは、写真説明文(キャプション)でした。ブログでもこれが大事。「写真を見てわかることは写真説明文に書かない。書いても意味がない」「その写真から意識を飛ばさないと、面白いキャプションにはならない」「一般的にキャプションに関心が薄すぎる。キャプションは非常に重要」と先生の説明の後、3枚の写真を見ながら受講生は写真説明を考えます。各人が考えたキャプションをホワイトボードに書き出し、人気投票をして講評しあいます。

 

日時:月2回(不定期、それぞれ午前の部と夜の部がある)
場所:BTSオンヌットの近く
参加費:1回1,000バーツ
問い合わせ:bkk_sugiyama@yahoo.co. jp

第210回タイロングステイ日本人の会例会

名称未設定-18

日時:6月12日(水) 午後6時より
場所:ジャスミンホテルL階(スクムビット・ソイ23の入り口)
会費:会員400B、ゲスト500B (食事代を含みます。)

回の講演は、『旅行作家 下川 裕治氏』にお願いしました。『ガイドに頼らない自分だけの旅。今、どこがおもしろいか?』というテーマでお話しいただきます。

講演概要:旅の「醍醐味」それは旅のディテールの中に潜んでいる。その感性を鋭くする「非」ガイドBookの旅。ガイドに頼らない自分だけの旅。ホテルは予約しない。(言葉が通じなくてもホテルはみつかる)同じ食堂に何度も通う。(そこで味わう自分だけの世界)そんな旅をするならどこがいい?(中央アジア、田舎のタイ、ミャンマーが今、面白い!)

講演の後、食事懇談します。参加ご希望の方は、準備の都合上、メール返信または電話にてご連絡いただけるとありがたいです。もちろん、突然の参加も大歓迎です。
ホームページもご覧ください。
http://www.tlsj.club/

℡:089-033-2208 山田 耕三
Eメールko.yamada@mbi.nifty.com
℡:092-924-1487 田原 実
Eメール
tahara3chi@yahoo.co.jp

 

2019年5月20日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. 下川さんの本はタイに来るずっと前に、読んだことがあります。今の様にネットが発達していなかったので貴重な情報源でした。異国への好奇心をそそられました。