タイのニュース 新規コンドミニアム

三井不動産が50階建てコンドミニアムをアソークで建設

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

三井不動産が50階建てコンドミニアムをアソークで建設

三井不動産が50階建てコンドミニアムをアソークで建設

タイでも不動産開発を進める三井不動産レジデンシャル社は、タイの大手ディベロッパーのアナンダー・ディベロップメント社と組み、アソークとラチャテウィーで、2つのコンドミニアム開発を進める。
アソークは「アシュトン・アソーク」で50階建て、783室のハイクラスのコンドーで、価格は1室690万バーツから(1㎡当たり23万バーツ)。地下鉄スクムビット駅から徒歩1分で、ターミナル21側の好立地。事業規模は63億5800万バーツ。

一方、ラチャテウィーは「アイデオ・Q・サイアム・ラチャテウィー」で36階建て、550室。1室520万バーツからで事業規模は37億4500万バーツ。

三井と組むアナンダー側は、協力関係は2~3年の短期ではなく、20~30年の長期を見越してのもので、アジアのセンターとしてアナンダー社と組むことを望んでおり、一方、三井側は、タイは今後もさらに発展し、路線沿線の住居の需要は増すとしており、1つ目のアイデオQ・チュラー・サムヤーンも順調に販売できているため今回、第2弾、第3弾となったとしている。

なお、アナンダー社は、このほかに2ヵ所で開発するが、「アイデオ・モビ・スクムビット」は30階建て、844室で、BTSバンナー駅近く。1室229万バーツから。「アイデオ・モビ・オンサワーン」は建設中の新路線バンチョン駅近くで、30階建て559室。1室229万バーツからとなっている。

なお、これらの販売は10月16~19日の間、サイアム・パラゴン1階でも行われる。

 

2014年10月5日 タイ自由ランド掲載

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, 新規コンドミニアム

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.